So-net無料ブログ作成
検索選択

フリーターの就職が不利な理由 「フリーターから就職するために」 [フリーター]

フリーターの就職が不利な理由




フリーターの就職は難しいと言われています。


学校卒業時にフリーターになると、就職先はそんなに探しづらくなるのでしょうか。

就職がうまくいったというフリーターの人もいますので、就職が無理という話ではないようです。

新卒者よりも就職が困難であることは確かです。

ではなぜ新卒よりもフリーターの方が就職することが困難なのでしょうか。

主な理由は、採用企業側が新卒者の採用を希望していることにあります。

また、フリーターは経験に乏しいことが多いと考えられています。

新卒者を採用するのは、そうするだけの理由があります。

日本企業が期間を区切って新卒者の採用試験を行うのは、そうしたい理由があるためです。

どんな理由やメリットかといいますと、決まった時期に大量に採用する方が手間がかかりません。

また、一括採用をすれば新入社員の研修もまとめて行うことができますので、

効率の良い人材育成が可能になります。実績や経験に関しても、

フリーターにはアピールポイントがありません。

フリーターをされている方の中には、

フリーターと言っても遊んでいた訳ではないといいたい人もいるでしょう。

人によっては、何年もアルバイトをして特定の業種のスキルを有するに至っている方もいるでしょう。

フリーターがアルバイトをしていても、

就職活動では評価されることはないようです。

フリーターから就職するために


フリーターから就職するためにはどうしたら良いでしょう。

フリーターは経験したアルバイトの内容や種類が応募職種に関連性があれば、

就職活動の際に職歴として扱ってもらえることもあるようです。

とはいえ、そんなラッキーなことはほとんどありません。

フリーターから正社員になることは難しく、

経験や実績を重ねることができないままに年齢ばかり取ってしまうことにもなるでしょう。

たとえアルバイト経験が長くても、

フリーターである限りは就職採用時に評価されることは難しいといいます。

他にも、年齢的な問題も関係してきます。正社員の求人はいくつか出ていますが、

30歳以上となるとその数は減り、40歳以上ではごくわずかです。

ただし、正社員への道はフリーターには閉ざされているのかといえば、

必ずしもそんなことはないと言われています。

キャリアが何もない状態で正社員の働き口を見つけるということは、

幾多の困難を伴うものといえるでしょう。

逆の見方をすれば、職歴が無いという部分さえなんとかできれば、

中途採用枠で正社員になることも可能といえます。

自分にできることより自分のしたいことを第1に、学生時代は就職活動を行いがちです。

フリーターが就職を成功させるには、

アルバイトでも経験として認められる業種を探すところから始めましょう。



フリーターから就職するには


就職し正社員になりたい場合、フリーターのできる行動は何でしょう。

アルバイトの経験が就職に生きる業種や、

経験者以外でも採用の見込みがあるような求人情報を探しましょう。

就職に役立つと聞いて苦心して資格を取得したり、経験を積んだとしても、

正社員の勤務経験がない人を採用しない業種であれば無駄骨に終わります。

フリーター歴はそのままキャリアにはなりませんが、

就職活動の際に職歴になるようなアルバイトを探すことはできます。

アルバイトをする時に、就職活動に役立つ内容を探すようにしましょう。

フリーターから正社員を目指すなら、

大手の企業ではなく中小企業の求人を探すと見つかる可能性があります。

キャリアがない状態で就職先を探す場合、

年功序列を重視する風潮が残っていやすい大企業の採用見込みは低めです。

中小企業では年功序列が崩れてしまっていることが多いため、

フリーターにも就職の可能性が残っているといえるでしょう。

大量採用を行っている企業も狙い目です。

ブラック会社が、流出した人員の補充に求人を出し続けているという状況には要注意です。

ですが、成長途中の会社ならば、本当に人材が必要なこともあります。

成長株の企業や業種を探し、集中的に就職活動をすることも、

フリーターが正社員になれる方法の一つといえます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職に必要な履歴書を作成する方法・・「転職履歴書を書く前に」 [人材派遣]

転職には履歴書が必要


転職活動を行う時に必ず作成しなければならないものが履歴書です。

履歴書は転職活動での必要書類であり、

おもに転職活動の際に応募した企業に提出する際に使用する書類の事です。

転職を達成するために履歴書はどうしても作らなければなりません。

出して当たり前の書類ですが、自分を売り込むための道具です。

転職時に必要となる履歴書は、自分の個人情報、学歴、職歴をまとめる欄の他にも、

資格、志望動機、趣味等の欄も履歴書には記入する箇所があります。

繰り返し履歴書を作成していると段々億劫になってきて、

履歴書の項目を文字で埋めることができれば何でもいいと考えてしまう方もいます。

適当に記入した履歴書では、人事担当者に良い印象を与えません。

履歴書を見れば、その人がどんな気持ちで転職活動をしているか見ます。

履歴書の写真はきれいに貼り付けてあるか、

印鑑の押し方に問題はないかといった点まで見ているような会社もあるといいます。

会社の戦力になりえる人材を探すため、

採用担当者は転職希望者一人一人を厳しい目が見ているといっていいでしょう。

転職とは、人生の航路を大きく変える行為です。

人生の一大事である転職に臨む際に、

文章作成1つにも丁寧に取り組めない人なのだろうかという印象で見られてしまう可能性があります。

転職活動のために作成する履歴書は、ある程度時間がかかってもじっくり作成しましょう。

転職に利用する履歴書を作成する時


転職に利用する履歴書を作成する時にチェックしていただきたい点があります。


手書きの書類は消え、多くがパソコンで作ることが一般的になっています。

そのため、文字の上手下手で履歴書の評価が大幅に変わることはないと考えていいでしょう。

一方字が上手であっても、ササッと走り書きした様な履歴書は良い印象を与えないものです。

時間と手間をかけてきちんと書いた履歴書なら、字にクセがあったとしても担当者は気にしません。

転職活動の履歴書は、文字のバランスや空白を考えつつ、

手書きで一文字一文字書いていなければいけないことがどれほど難しいか予想はつくというものです。

手間のかかる作業をしっかりやり遂げていることがわかれば、

それだけ意欲があるという評価に繋がるというものです。

丁寧に仕上げた履歴書を提出できれば、字がいくぶん崩れていても問題にはなりません。

ただし、履歴書では最低限守っておきたい約束事項があります。

職歴や学歴の最後は、「以上」という記述で結びます。

黒いペンを使って書くことが、履歴書の決まりごとです。

もしも誤記があったら、修正ペン等は使わずに新しく作り直します。

証明写真を貼る欄には、スナップ写真は使えません。履歴書のために撮った写真を用いてください。

写真を貼り付ける前に、裏に名前を書き込みます。

履歴書を転職のために作る時は、様々な約束事を守りましょう。

転職履歴書を書く前に


なぜ転職をしようと思ったのか、履歴書を作る前に今一度考え直すことはとても重要なことです。


過去の経験やスキルは何があるか、転職を志したきっかけとはどのようなものなのか、などです。

これから転職しようとしている会社では、どんな仕事をして、どんな自分になりたいのか。

説得力のある志望動機や自己PRをするには、まずは考えをはっきりまとめることです。

また、転職後のことを十分に考えている人なら、

履歴書の内容をまとめる時に困ることはまずないでしょう。

大抵の人は、履歴書を書くときにそこまで気をつけなければいけないものなのかと

思うのではないでしょうか。

自己分析をしっかり行って、自らの転職に対する意志や志望理由を整理する事が重要です。

履歴書だけでなく面接時の受け答えにも困りません。

新しい会社に入ってしまってから悔やむより、

今たくさん悩んでおいた方が納得のいく転職活動になります。

面接の場で説得力のある発言をするためには、自分で自分のことを理解しておくことが重要です。

履歴書を書くことが億劫だとは考えずに、

履歴書を作成することで自己PRの方法を固めるようにしてください。

履歴書は、転職活動の最初の一歩と考えて丁寧に作成してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

紹介予定派遣で仕事を探す [紹介予定派遣]

紹介予定派遣で仕事を探す


最長で6ヶ月間、紹介予定派遣は派遣社員として雇われますが、そ

の後に正社員になる道が拓かれています。

派遣社員として仕事をしている間に、派遣社員は正社員として仕事をしてよい企業なのか判断します。

派遣先企業は、派遣社員が正社員として採用してよい人材なのかを判断する事ができます。

派遣で働く期間が満了する直前になると、紹介予定派遣会社が両方の判断を聞いて、

お互いの見極めがどうなったかを知ります。

そして、互いに希望が合えば、その人は正社員として引き続き雇われます。

派遣期間内だけの就労で終わるのは、

どちらか片方、あるいは両方が正社員雇用を希望しなかった場合です。

紹介予定派遣を取り扱っている会社に登録手続きをすることで、このシステムを使えます。

紹介予定派遣の内容については担当者が説明してくれます。

そして、希望する業種や立地、条件に最も適した会社を調べて何件か提示してくれます。

提示してもらった企業の中から、自分の求職希望に合致しているものを見つけだし、

求職希望を固めます。自分に合った仕事が見付かれば、企業で事前面接を行い契約となります。

事前面接は、紹介予定派遣だからこそできることです。

普通の派遣では事前面接はできないことになっており、

正社員になること前提であるために面接ができます。

紹介予定派遣は、膨大な求人情報から自分に合った仕事を探す手間が省け、

派遣社員として仕事をすることで、

派遣側も企業側も互いの求めているものの確認をすることができるメリットがあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ハローワークによる仕事の紹介 [ハローワーク]

ハローワークによる仕事の紹介

仕事を探すに当たってまずハローワークに行ってみることは、恐らく誰しもが取るだろう方法です。

ハローワークとは正式名称を公共職業安定所と言い、

略して職安、愛称でハローワークと呼ばれています。

ハローワークは仕事を探している人に仕事を紹介したり、

雇用保険などの業務をしたりする厚生労働省の行政機関になります。

ハローワークには全国各地からの60万件近い求人情報があります。

何らかの仕事についている人でも、仕事をしていない人でも、

ハローワークに行けば雇用の情報を無料で聞くことができます。

その他にも、仕事探しに役立つ様々な就業サポートサービスがハローワークでは行われており

就職セミナーなども無料で開催されています。

就職相談を希望する人は、ハローワークの窓口を利用することもできます。

ハローワークに赴いて就職活動について相談することで、

どんな形で職探しをすればいいか悩んでいた人には、

職員が適切な仕事を教えてくれることもあります。

職員に紹介された仕事には絶対に行かなければならない、ということではありませんから安心です。

どの企業への採用を希望したいか決まった人には、紹介などもお願いできます。

紹介して終わりではなく、採用試験時の心得や書類の書き方なども教えてもらえます。

ハローワークを上手に活用することができれば、希望する形の求人情報を見つけたり、

仕事探しに役立つ情報が効率よく手に入ります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

主婦に人気の在宅ワークという仕事 [在宅ワーク]

主婦に人気の在宅ワークという仕事


仕事の中でも、主婦層に特に人気があるものが家で行う在宅ワークではないでしょうか。

会社に通わずとも自宅を基点に仕事が可能なのが在宅ワークの特徴です。

SOHOという、パソコンネットワークを利用して自宅で仕事を

処理することができる設備を駆使して仕事を請け負うという形が一般的です。

退職理由に結婚を挙げる人は少なくなってきましたが、

出産後も勤務可能かというと、また別な問題です。

保育所や児童所や託児所など、

働きながら子育てをできるような施設の数は毎年増えており働く主婦を助けています。

それでも地域によっては、空き待ちのところもあるようです。

その他、核家族化や少子化も関連して、

子どもがある程度まで育つまでは自分で育てたいという人もかなりいるようです。

そのため、結婚で仕事は辞めなくとも、出産を契機に退職する人は多いようです。

少し前までは、家庭内内職というと小物を作ったり何かに色を塗ったり包装したりという

仕事を請けて報酬をもらうという形が一般的でした。

そういった内職がなくなったわけではありませんが、


どんな作業をするかによって、場所の確保が必要だったり、ゴミが出ることもあります。

在宅ワークのメリットは、パソコンと通信機器が置ければどこででも作業ができ、

廃棄物等も出ないことです。

在宅ワークならば過去のノウハウを生かした仕事もできますので、

今では主婦が好んで行う作業となっています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

主婦の仕事と家事 [求人・求職]

主婦の仕事と家事


主婦の仕事と家事について。ある有名どころのアニメシリーズに出てくる登場人物の主婦は、

主婦業を専門にしている女性が主です。

アニメに登場する母親格の女性キャラクターを一人思い浮かべて、

その人の職業を思い出してみましょう。

たいていのキャラクターは専業主婦で、特定の職業を持っていないと思います。

アニメーションの中の時代背景もあるかもしれませんが、

アニメーションの中の主婦は日本の多くの人達が描く理想像なのかもしれません。

女性が一家の母として、子や夫の世話をし、家の中の細々したことをしている様子は、

やはりいいものなのでしょうか。

しかし、今の日本のように、将来に不安を抱くようなことばかりが話題になっている現実社会では

なかなか出来ることではありません。

現に、働く女性で婚姻のために退職するという、寿退社の道を選ぶという人は減っています。

先々に備えて貯蓄が欲しいという考えが浸透してきていることもあるでしょうが、

労働力としての女性の価値が認識されるようになったこともあるでしょう。

共働き家庭が珍しくなくなってきてから、

家事や子育て夫婦で担当を決めて分け合って行う家が増えるようになりました。

それだけではなく、加工食品掃除機や洗濯機、

食器洗い機のような家事を肩代わりしてくれる電化製品が普及したことで、

家事労働が短縮傾向にあります。働く主婦の増加には、

このような事情も関係してきているといえます。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職支援と労働市場について [就職支援対策]

就職支援と労働市場について

仕事についていない若年層のニート解消には、

農業関係の仕事につけさせればいいのではないかと発言した衆議院議員がいます。

しかしながら、農業に就かせるという就職支援は対症療法的なものにとどまっているようです。

日本の労働市場の根本的な問題を議論する水準には至っていないのです。

働き手の数を維持するために1人1人の労働時間を分け合って短くするというワークシェアリングも、

日本ではさほど検討されてはいません。

また、正社員並み、あるいは正社員として働いているにもかかわらずもらえる賃金が安すぎて、

毎日を生きるために最低限必要な生活費も賄えない状態にあるワーキングプアという問題もあり、

現在の労働市場は深刻な問題を数多く抱えているといえます。

働く貧困者と解釈されるワーキングプアは、

これ迄に見られた典型的な失業者をはじめとする貧困層とは異なっているのが

近年の労働市場の特徴です。

これは日本国内だけの問題ではなく、

ワーキングプアは先進国に見られる未知の問題として知られています。

労働市場には今までになかったような問題がたくさんあり、

就業支援策も多様になっています。

ワーキングプアやフリーターの問題を解決することが、

労働支援策につながるのです。就労サポートを考えるためには、

今までの価値観がそぐわなくなるほど変わってしまった労働環境の問題や、

実働時間と休日の比率、基本的な権利についても考えなければなりません。

どれだけ会社や国が援助をしたとしても、最終的にはこれらは本人達の問題に帰結するのです。

町には無料の就職情報誌が溢れかえっています。

インターネットでは全国の就職情報をリアルタイムに入手できます。

自分はどんな仕事に就きたいのか、将来どのような方向に進みたいのかを掴み取るのは、

本質的には自分でなすべきことです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

政府の就職支援対策 [就職支援対策]

政府の就職支援対策

国家の就業サポートとは、どのようなことをしているのでしょうか。

内閣官房の再チャレンジ担当室の就職支援対策は、

ニートやフリーターに対する公務員採用枠の確保や、

再チャレンジに協力的な企業に対する表彰制度、また税制面での優遇措置等を行っています。

再チャレンジとは、安倍晋三が内閣総理大臣当時に主唱されたものです。

例えば大卒後の進路や大学での就学にくじけた人であっても、

何度でも新たにチャレンジができるというものです。

中でも、若者自立塾は就業サポートとして厚生労働省が行った中心事業です。

若者自立塾では、再チャレンジをはかる若者達が職業の経験を積んだり

ワークショップに加わったりしながら数ヶ月共に暮らすというものです。

自己負担金が10~40万円かかり、費用料金を支払わなければ利用はできません。

約70%の修了生が、6ヶ月以内に就職に成功することが厚生労働省の目指すところです。

ちなみに現在の割合は5割弱のようです。ですが支援内容はまだ足りない部分があり、

すべきことはをもっと考えるべきだということを自立塾を運営する法人団体は述べているようです。

ニートやフリーターが増えた理由には、

働き手の職業への認識が変わったことによると文部科学省は述べています。

職業体験や予防学習などの生徒のキャリア教育を、文部科学省では行っています。

学校ではなく1日~5日間ほど保育所やスーパーで働いてみたり、

総合学習の時間に仕事について調べるなどということを通して就業意欲を育てるというものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

フリーターとニートの就職支援 [フリーター]

フリーターとニートの就職支援


フリーターとニートへの就職支援はどのようになっているのでしょうか。

アルバイトやフリーターのままでいる15~34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが

労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。

経済動向が上向き、企業の業績もよくなってきたこともあって、

最近は高卒新卒の新規雇用者の採用枠を増やす企業が得ています。

また、国家単位でニートやフリーターへの就業支援も盛んに行われているようです。

1980年代後半のバブル直前頃にまで就職率は改善されており、

正社員の人数は着実に増加していると共に働き手の中のフリーターの占める割合は減少しています。

政府が進めるフリーターおよびニートの減少に向けた就職支援対策が、

功を奏している事も考えられるでしょう。

今では、正社員を希望しながらフリーターとなってしまうような若年層は減ってきています。

ただし、この調子で日本の景気がもっとよくなり、

国家の就職支援が強化されればもっとフリーターが減るかというとそうではなく、

フリーターは減りはしてもいなくなりはしないと考えられています。

それは、就職する若者達の考え方の変化のためであり、

会社や国家とはまた別の問題です。

正規雇用につかなかった理由で最も主流なものは、仕事の他にしたいことがあったから、

というものです。

つまり、正社員として働きたいけれど働けないのではなく、

正社員にならずフリーターで居続ける道を自ら選び、

自由なライフスタイルを築き上げている人が多いのです。

求人側の問題をあげた人は最も少数でしたから、

支援策もそれなりに対応して考えるべきではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職相談をする方法「転職エージェントを使った転職相談」「インターネットで転職相談」 [転職]


転職相談をする方法


よい相談先を見つけることが、転職活動を成功裏に収めるポイントといえます。

今まで、日本の雇用は終身雇用が圧倒的に多く、一旦就職が決まったら、

定年退職するまでその会社で働くものでした。

けれど、盤石に見えた大手の会社がつぶれたり、

元気だったベンチャー企業でも1日で崖っぷちに追いつめられたり、

バブルが崩壊してからは何が起きるかわからない状況となりました。

働いている側が何か会社に損害を与えたわけではないのに、会

社の経営が段々と思わしくなくなって

解雇整理の対象となるというような状況も発生することがあるようです。

今まで終身雇用制度を維持してきた会社でも、

先の展望が不明確となったこともあり、定年までの雇用は困難になっています。

求人側も求職側も、転職をするという行為に対する印象は以前より大きく変化しているといえます。

とはいえ、転職そのものへのマイナス印象は減ったものの、

仕事が長続きせず転職ばかりしている人の印象は決してよくはありません。

納得のいく転職活動をして長く勤めることができそうな会社を見つけるためにも、

転職相談所の助けを借りましょう。

転職への印象がよくなっているとはいえ、何度も転職したいわけではありません。

転職相談ができる場所は、誰で聞いたことのある場所として、ハローワークがあります。

仕事を探しに行く場所としてハローワークを活用することが多いようですが、

相談窓口もありますので有効に利用してください。

ハローワークの他には、転職エージェントに相談をすることもできます。

転職エージェントは転職支援を仕事にしているわけですが、

転職がうまくいくと企業側からお金をもらっているので、

1人1人の転職相談にはとても熱心に乗ってくれるでしょう。


転職エージェントを使った転職相談


転職エージェントとは転職に限定した代理人、代理業者になります。

企業が求める人材を選別し、転職希望者の希望に見合った企業をピックアップして斡旋することで、

企業側から報酬を受け取るというものです。

簡単に言うならば、求人者と求職者との間に入ってお見合いを行う

、有料の仲人のような働きをしているところです。



そんな仕組みであることも働いて、転職エージェントに相談に行くと

意外と熱心に話を聞いてくれるようです。

報酬を受けて情報提示やあっせんをするところが転職エージェントで、

有料職業事業所ともいいます。

転職エージェントが報酬を受け取るのは採用が決まってからで、その採用を決めた会社が支払います。

転職エージェントは企業側から成功報酬をもらっているので、

求職中の人が相談に行ってもそこで料金がかかる心配はありません。

転職エージェントを使った転職、転職相談をする場合、気をつけなくてはならない点があります。

それは、転職エージェントに登録された求職者は、転職エージェントとから見た場合、

商品になっているということです。

企業サイドから採用されるような人を紹介できなければ、

転職エージェントは報酬がもらえません。

相談ばかりに来るけれどなかなか転職活動に踏み切らないという相手は

転職エージェントの対応もそれなりになってしまいます。

はっきりと自分の意思表明ができない人には難しいところともいえます。


インターネットで転職相談

転職活動のための情報収集にネットを活用している人もかなりいるようです。

転職活動を今ほど堂々と大っぴらにできなかった時代やそれ以前の頃は、

どのような手段で転職相談や情報収集をしていたのでしょうか。

行ける場所といったら、ハローワークくらいだったはずです。

その他には、親や親戚、先輩関係にある人など交友関係のツテを辿って

就職を世話してもらうというパターンが主だったようです。

限られた狭い範囲で転職相談をしていくのは大変だったことでしょう。

ハローワークの他にも転職エージェントなどの職業事業所も増え、

転職への印象も変わって活動しやすくなりました。

一つの会社が続かないために転職を何度もしているような人は困りますが、

現代は転職活動をする上では何かと便利な社会になっているといえるようです。

今では、転職活動に対するマイナスイメージが払底され

ハローワークや転職エージェントといった転職をサポートしてくれる施設が存在するだけでなく、

これらを使わない新しいタイプの転職活動もできるようになりました。

ネット環境が整ったことにより、ネットでの情報探しが格段に楽になったのです。

転職に関する知識を得たいという場合は、インターネットが役に立ちます。

転職に関する様々なノウハウ、メリット、デメリット。


ちょっとした転職セミナーを受けているぐらいの情報は簡単に手に入ります。

転職支援サイトだけでなく、

転職をテーマにした掲示板などに行けば転職活動中の人の話や

様々な業種の情報も知ることができます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。