So-net無料ブログ作成
検索選択
就職支援対策 ブログトップ

就職支援と労働市場について [就職支援対策]

就職支援と労働市場について

仕事についていない若年層のニート解消には、

農業関係の仕事につけさせればいいのではないかと発言した衆議院議員がいます。

しかしながら、農業に就かせるという就職支援は対症療法的なものにとどまっているようです。

日本の労働市場の根本的な問題を議論する水準には至っていないのです。

働き手の数を維持するために1人1人の労働時間を分け合って短くするというワークシェアリングも、

日本ではさほど検討されてはいません。

また、正社員並み、あるいは正社員として働いているにもかかわらずもらえる賃金が安すぎて、

毎日を生きるために最低限必要な生活費も賄えない状態にあるワーキングプアという問題もあり、

現在の労働市場は深刻な問題を数多く抱えているといえます。

働く貧困者と解釈されるワーキングプアは、

これ迄に見られた典型的な失業者をはじめとする貧困層とは異なっているのが

近年の労働市場の特徴です。

これは日本国内だけの問題ではなく、

ワーキングプアは先進国に見られる未知の問題として知られています。

労働市場には今までになかったような問題がたくさんあり、

就業支援策も多様になっています。

ワーキングプアやフリーターの問題を解決することが、

労働支援策につながるのです。就労サポートを考えるためには、

今までの価値観がそぐわなくなるほど変わってしまった労働環境の問題や、

実働時間と休日の比率、基本的な権利についても考えなければなりません。

どれだけ会社や国が援助をしたとしても、最終的にはこれらは本人達の問題に帰結するのです。

町には無料の就職情報誌が溢れかえっています。

インターネットでは全国の就職情報をリアルタイムに入手できます。

自分はどんな仕事に就きたいのか、将来どのような方向に進みたいのかを掴み取るのは、

本質的には自分でなすべきことです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

政府の就職支援対策 [就職支援対策]

政府の就職支援対策

国家の就業サポートとは、どのようなことをしているのでしょうか。

内閣官房の再チャレンジ担当室の就職支援対策は、

ニートやフリーターに対する公務員採用枠の確保や、

再チャレンジに協力的な企業に対する表彰制度、また税制面での優遇措置等を行っています。

再チャレンジとは、安倍晋三が内閣総理大臣当時に主唱されたものです。

例えば大卒後の進路や大学での就学にくじけた人であっても、

何度でも新たにチャレンジができるというものです。

中でも、若者自立塾は就業サポートとして厚生労働省が行った中心事業です。

若者自立塾では、再チャレンジをはかる若者達が職業の経験を積んだり

ワークショップに加わったりしながら数ヶ月共に暮らすというものです。

自己負担金が10~40万円かかり、費用料金を支払わなければ利用はできません。

約70%の修了生が、6ヶ月以内に就職に成功することが厚生労働省の目指すところです。

ちなみに現在の割合は5割弱のようです。ですが支援内容はまだ足りない部分があり、

すべきことはをもっと考えるべきだということを自立塾を運営する法人団体は述べているようです。

ニートやフリーターが増えた理由には、

働き手の職業への認識が変わったことによると文部科学省は述べています。

職業体験や予防学習などの生徒のキャリア教育を、文部科学省では行っています。

学校ではなく1日~5日間ほど保育所やスーパーで働いてみたり、

総合学習の時間に仕事について調べるなどということを通して就業意欲を育てるというものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
就職支援対策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。