So-net無料ブログ作成
フリーター ブログトップ

フリーターの就職観 [フリーター]

フリーターの就職観


フリーターは、景気の低迷が続く現代でも減少の兆しが見えません。

フリーターの就職観はどんな内容でしょうか。

フリーターといっても、どんな事情があり、どんな就職観でフリーターになったかは人それぞれです。

フレーターといえば、社会の制約から脱して

自由な生き方をしている人と思われることが多いようです。

とはいえ、フリーター本人へのリサーチを行うと、予想と違う回答が得られることがあります。

フリーターである理由が、夢や目標を実現するためという人もいます。

フリーターであることが、強い意思の現れであるといえる方もいるわけです。

就職とは自分のやりたい仕事を見極め実現できそうな企業を選択することだと

語る人も少なくないのです。

実現不可能な目標にいつまでも固執するのは、結果的に良くない場合もあります。

例えば、語学を専攻し、留学もしている人が、英語以外の職業につきたくないとします。

けれども希望の企業に入れないからと、働かないというわけにはいきません。

事実、日本国内でそういった職業を探すことは困難であり、

就職観の偏りが就職をしづらくすることもあります。

フリーターとして働く人の中には、就職観が強くて妥協ができず、

就職先が決まらないこともあります。夢や理想が強すぎて、

就職がかえって難しくなってしまっている人もいます。

気づけば随分長くフリーターをしているという人は、一度自分の就職観を考え直し、

これでいいのか改めてチェックしてもいいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

フリーターの就職が不利な理由 「フリーターから就職するために」 [フリーター]

フリーターの就職が不利な理由




フリーターの就職は難しいと言われています。


学校卒業時にフリーターになると、就職先はそんなに探しづらくなるのでしょうか。

就職がうまくいったというフリーターの人もいますので、就職が無理という話ではないようです。

新卒者よりも就職が困難であることは確かです。

ではなぜ新卒よりもフリーターの方が就職することが困難なのでしょうか。

主な理由は、採用企業側が新卒者の採用を希望していることにあります。

また、フリーターは経験に乏しいことが多いと考えられています。

新卒者を採用するのは、そうするだけの理由があります。

日本企業が期間を区切って新卒者の採用試験を行うのは、そうしたい理由があるためです。

どんな理由やメリットかといいますと、決まった時期に大量に採用する方が手間がかかりません。

また、一括採用をすれば新入社員の研修もまとめて行うことができますので、

効率の良い人材育成が可能になります。実績や経験に関しても、

フリーターにはアピールポイントがありません。

フリーターをされている方の中には、

フリーターと言っても遊んでいた訳ではないといいたい人もいるでしょう。

人によっては、何年もアルバイトをして特定の業種のスキルを有するに至っている方もいるでしょう。

フリーターがアルバイトをしていても、

就職活動では評価されることはないようです。

フリーターから就職するために


フリーターから就職するためにはどうしたら良いでしょう。

フリーターは経験したアルバイトの内容や種類が応募職種に関連性があれば、

就職活動の際に職歴として扱ってもらえることもあるようです。

とはいえ、そんなラッキーなことはほとんどありません。

フリーターから正社員になることは難しく、

経験や実績を重ねることができないままに年齢ばかり取ってしまうことにもなるでしょう。

たとえアルバイト経験が長くても、

フリーターである限りは就職採用時に評価されることは難しいといいます。

他にも、年齢的な問題も関係してきます。正社員の求人はいくつか出ていますが、

30歳以上となるとその数は減り、40歳以上ではごくわずかです。

ただし、正社員への道はフリーターには閉ざされているのかといえば、

必ずしもそんなことはないと言われています。

キャリアが何もない状態で正社員の働き口を見つけるということは、

幾多の困難を伴うものといえるでしょう。

逆の見方をすれば、職歴が無いという部分さえなんとかできれば、

中途採用枠で正社員になることも可能といえます。

自分にできることより自分のしたいことを第1に、学生時代は就職活動を行いがちです。

フリーターが就職を成功させるには、

アルバイトでも経験として認められる業種を探すところから始めましょう。



フリーターから就職するには


就職し正社員になりたい場合、フリーターのできる行動は何でしょう。

アルバイトの経験が就職に生きる業種や、

経験者以外でも採用の見込みがあるような求人情報を探しましょう。

就職に役立つと聞いて苦心して資格を取得したり、経験を積んだとしても、

正社員の勤務経験がない人を採用しない業種であれば無駄骨に終わります。

フリーター歴はそのままキャリアにはなりませんが、

就職活動の際に職歴になるようなアルバイトを探すことはできます。

アルバイトをする時に、就職活動に役立つ内容を探すようにしましょう。

フリーターから正社員を目指すなら、

大手の企業ではなく中小企業の求人を探すと見つかる可能性があります。

キャリアがない状態で就職先を探す場合、

年功序列を重視する風潮が残っていやすい大企業の採用見込みは低めです。

中小企業では年功序列が崩れてしまっていることが多いため、

フリーターにも就職の可能性が残っているといえるでしょう。

大量採用を行っている企業も狙い目です。

ブラック会社が、流出した人員の補充に求人を出し続けているという状況には要注意です。

ですが、成長途中の会社ならば、本当に人材が必要なこともあります。

成長株の企業や業種を探し、集中的に就職活動をすることも、

フリーターが正社員になれる方法の一つといえます。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

フリーターとニートの就職支援 [フリーター]

フリーターとニートの就職支援


フリーターとニートへの就職支援はどのようになっているのでしょうか。

アルバイトやフリーターのままでいる15~34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが

労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。

経済動向が上向き、企業の業績もよくなってきたこともあって、

最近は高卒や新卒の新規雇用者の採用枠を増やす企業が得ています。

また、国家単位でニートやフリーターへの就業支援も盛んに行われているようです。

1980年代後半のバブル直前頃にまで就職率は改善されており、

正社員の人数は着実に増加していると共に働き手の中のフリーターの占める割合は減少しています。

政府が進めるフリーターおよびニートの減少に向けた就職支援対策が、

功を奏している事も考えられるでしょう。

今では、正社員を希望しながらフリーターとなってしまうような若年層は減ってきています。

ただし、この調子で日本の景気がもっとよくなり、

国家の就職支援が強化されればもっとフリーターが減るかというとそうではなく、

フリーターは減りはしてもいなくなりはしないと考えられています。

それは、就職する若者達の考え方の変化のためであり、

会社や国家とはまた別の問題です。

正規雇用につかなかった理由で最も主流なものは、仕事の他にしたいことがあったから、

というものです。

つまり、正社員として働きたいけれど働けないのではなく、

正社員にならずフリーターで居続ける道を自ら選び、

自由なライフスタイルを築き上げている人が多いのです。

求人側の問題をあげた人は最も少数でしたから、

支援策もそれなりに対応して考えるべきではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
フリーター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。