So-net無料ブログ作成
検索選択

面接の対策と種類と準備と心構えについて [就職]

面接の対策について



いざ面接の場では、何かアドバイスが誰でも緊張しがちで欲しくなるものです。


頭が人によっては真っ白になり、どうしていいか分からなくなる人もいるでしょう。

緊張対策を面接時にする場合にはどんなアドバイスがあるでしょう。

大勢の前で話す時の緊張をほぐすアドバイスとしては、失敗しても死ぬ様なことは無いと考えること。

入念に準備を前もってしておくことも重要です。

緊張しない面接の対策には、模擬面接などで経験を積んでおくこともおすすめです。

1対1の面接で話をする場合、面接官の良いところを見つけて相手を好きになることや

、笑顔を作ることなどがアドバイスとして挙げられます。

自分を面接だからといって良く見せようと思わないというのは、心構えとして大切です。

自分をありのままで見てもらうという心構えでいれば、緊張が面接でも和らぐのではないでしょうか。

余計に緊張するのは、普段使ったことのない言葉を無理に使おうとしたり、

いつもと違う自分になろうとすることです。

相手に見られていると思うと緊張が一層高まる人もいます。

アドバイスには、緊張が今は面接官の人と話をしているのだという気持ちで

受けることで緩和されるというものもあります。

人によっては、過去に経験したもっとも恥ずかしい出来事を思い出すことで、

面接なんて大したことはないというリラックスした気持ちになれるというアドバイスもあります。


面接の種類


必ずといっていいほど就職活動では、面接を経験しなければなりません。

ペーパーテスト書類審査がない会社でも、採用の決定は面接なしではあり得ません。

実際の面接には、方法がいくつかあります。

前もって伝えられている場合もありますし、当日まで面接の形式がわからないこともあるでしょう。

それぞれに異なる対策が必要です。最も主流となる方法が個人面接です。

会社側は1人~複数人数で、就職希望者1人に対し行います。

自己アピールや質疑応答を、じかにコミュニケーションをはかりながらする形が個人面接です。

比較的リラックスできる形式ですから、緊張しすぎないこと、会話を楽しむ気構えなども大事です。

集団面接を行う場合には、就職希望者も会社側も複数人数です。

たくさんの人がいるので、一人一人への質問時間が短くなるのは当然のことといえます。

就職がすぐに決まるのではなく、この形式が多いのは一次面接や二次面接です。

会社側にとってのメリットは、応募者同士の比較がしやすいということです。

近頃よく行われている面接形式が、グループディスカッションというものです。

5人~10人の応募者で、特定のテーマに関しての議論を行います。

論理的思考力や全体との協調性がはかられますので、

自分の意見を言えばいいというものではありません。

いずれの面接形式でも、自己アピールの場であることを心に留めて就職目指して取り組んでください。


面接の準備


無事に就職先を決めるために、面接は避けて通ることのできない山だといえます。

準備もおろそかになってしまいがちなのが、何度も就職面接を受けている場合です。

何が面接の準備には必要か、いつも心がけておくべきではないでしょうか。

就職のための面接でおさえるべきことの確認です。

簡単に自分のこれまでの経歴を説明できるようにしておくことが大切です。

志望動機や転職理由、希望職種などの内容に一貫性を持たせ、

自分がどんな人物かを相手にわかりやすく伝えられるようにしておきましょう。

答えをそれぞれの質問を想定して書き出してみてチェックしておきたいのは、

それぞれの内容に面接を受ける会社の求める人材像に近いか、

ネガティブな内容が含まれていないか、齟齬はないかということです。

実際に面接に行く前に確認したいのは、身だしなみです。

確認したいのは、しみやほつれはスーツやズボンにはないか、

清潔感が出ているか、髪型や爪はだらしない状態になっていないか、

靴は磨いてあるかなどの項目です。

時には直前の準備では間に合わないものもあります。

緊張せず自分を出すためにも、余裕を持って準備を整えることが就職活動では重要です。

忘れ物がないようあらかじめ、当日持っていくものは確認したほうが良いでしょう。

就職活動に必須の履歴書や職務経歴書などの書類のほか、

時計や筆記用具、現地への地図なども就職の面接には重要です。


面接の心構え



最も就職活動で重要な目的は、面接を成功させることだといえます。

就職するためには、完璧な履歴書を仕上げていても、企業研究が万全だったとしても、

面接がうまくできなければ意味がないといえます。

いつも面接では全力を尽くさなければなりません。

面接の場に向かう前に、まず身だしなみをきちんとチェックし、

携帯電話の電源を切るなどの基本的なことは必ず行いましょう。

就職では大事なポイントとなるのが、社会人として必須のマナーを身につけているかどうかです。

入退室の動作や椅子の座り方まで、一つ一つの動作に気を抜かないことです。

緊張しすぎるとうまく出せないことがあるのが、いつもの自分です。

物怖じしすぎない方法や、

自分なりのリラックス方法を見つけておくことも大事な面接時のポイントではないでしょうか。

信用を採用担当者から得ることは、大事な面接のポイントです。

疑わしい点が少しでもあれば、採用を相手は躊躇してしまうに違いありません。

面接中に質問をする場合には、簡潔な内容にする事を心がけ、

効果的なタイミングと質問内容を意識しましょう。

質問は効果的に、採用担当者とのコミュニケーションの軸としても役立つものです。

陰気な雰囲気を持つ人は就職では不利に働くことがあります。

就職の面接ではできるだけ明るく、元気よく話すことも大事です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新卒者の就職試験 [就職]

新卒者の就職試験


名前の知られた大手の大学の新卒者であっても、

望み通りの仕事につけるような就職活動をすることは大変だといいます。

実際に就職試験を受ける新卒者は、いかに早くから就職活動の準備をしましょう。

他人より頭一つ抜きんでる位置につくことができるかが鍵となります。

採用面接をどう切り抜けるかが、就職活動では欠かせません。

学生の頃に受けていた筆記試験とは、面接は根本的に違うものといえます。

面接では決まった回答が存在しないため、

こう答えておけばまず間違いはないというものはありません。

正しい答えを言うことが面接の目的ではなく、自分というものを会社にしっかり伝えることが、

面接の成否を分けるといいます。

事前にできるだけ面接の練習を繰り返し、

本番で緊張しないように気持ちを整えておくことが大切です。

新卒者に対する就職試験の中には、一次二次と何度も面接試験を行う場合や、

集団もしくは1人に対して複数の面接官が試験を行うケースもあります。

大学によっては、卒業生がかつてどんな採用試験を経験したかが書き残してある場合もあります。

新卒者にとって大変参考になりますし、

最近ではインターネット上での書き込みでも就職試験の内容について掲載されていることもあります。

新卒の就職試験の準備として、事前にいろいろ調べてみることをおすすめします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

フリーター就職事情の今後 [就職]

フリーター就職事情の今後

現在、景気復興と共に求人は再び以前の勢いを取り戻し、

新たに雇用される正社員の数も増えているようです。

それに伴い、フリーター数も減少してきています。

増加するフリーター、ニートを減らすために

政府は幾つかの雇用促進策を出しているので、

その影響もあるでしょう。

実際、就職出来ずにフリーターやニートになる

若者の人数が減少しています。

そして、正社員になった新卒者数や就職総人口は、

わずかずつ増加しているようです。

どちらもバブル景気崩壊前の80年代後半の水準まで

改善しているようです。

そのまま、景気が上向いていくにつれてフリーター数は

減少するのでしょうか。

フリーターの数は、現代の就職活動をしている

若者たちの展望によっても左右されますので、

景気の変動だけで状況が好転するわけではありません。

正社員として働くよりもしたいことがあったから

フリーターになったという人や、

労働スタイルとして制約を嫌って

フリーターになったという人は、

正社員になれなくてフリーターになった人の他に存在しています。

就職活動をすればどこかに正規の働き口を

見つけることが可能ではあるけれど、

フリーターという境遇を望んでいるという若者は、

経済が回復しても政府の対策があってもなくなりはいません。

バブルがはじけたばかりの時代は、

他に選択肢がなくフリーターとなった人たちがいました。

就職が困難だった時代の人や、

まだまだ仕事をしたい団塊世代の人たちからすると、

今のフリーターの考え方は、なかなか理解できないことでしょう。

これ迄のフリーターと就職事情

国内経済が上向いていた80年代の末頃から、

フリーターという言葉が使われるようになりました。

雇用の場は慢性的な人手不足状態であり、

建設ラッシュや24時間営業の店が拡大されたことで、

正規採用の枠に囚われないフリーの

アルバイターの手が必要とされていました。

アルバイトだけでも生活費を作ることができたほど

職探しは不便しなかったため、

実現が難しい夢を追って正社員にならない選択も可能でした。

経済が低調に転じると、

雇用全体の量が減ったことによって正社員の門は狭くなり、

低い給与で雇えるアルバイトが積極的に労働力として

用いられるようになりました。

そのため、就職活動をしても数多くの若者が正規採用につけず、

企業は新採用の人数を減らしていくという

就職の厳しい状況にもなりました。

そのため、正社員を希望していた人でも

アルバイトや派遣の仕事につかなければならない

状態になっています。

厚生労働省が定義するフリーターの総人口は、

1991年のバブル期には約62万人でした。

その後にフリーターの数は急速に伸び、

12年後の調査では220万人に届こうとしています。

このようにフリーター数が増えたのは、

求職側ではなく求人側の都合も関係しています。

正社員を新しく採用せず、

パートや派遣を用いて人件費を削りながら労働力を確保すること

が、経済情勢悪化への企業側の対応でした。

正社員についても、新卒よりも訓練する必要が無く、

即戦力となる中途採用を増やす動きもありました。

幾つかの要因が相まって、

正社員を目指して就職活動をしている者の何割かが、

正社員になれずパートやアルバイトで

働くようになっているようです。


フリーターと就職

比較的新しい言葉にフリーターがあります。

国内では、正規雇用でない仕事のつきかたを

フリーターと呼んでいます。

生活の手段として、パートの仕事やアルバイトをしている人たちを

指します。

どのようなスタイルの職についているかを表しており、

職種とは無関係です。

フリーアルバイターという言葉も同じ意味で使います。

年は15歳以上35未満、女性は未婚者であり、

そして就職、在学していない者をフリーターと定義した上で、

1991年に厚生労働省が実質調査を行っています。

この定義は現在も参考にされています。

どこかに雇われて仕事をしている人の場合でも、

正規雇用ではなくパートタイマー、

アルバイトとして扱われている人は該当しています。

派遣やアルバイト、パートの仕事を探している人も

フリーターのカテゴリに当てはまるものとします。

学生や家事見習い、正社員を希望する求職活動中の人は

除外されます。

この言葉はアルバイト情報誌の編集長が発案した造語で、

初出は1997年です。

そしてその後、広辞苑に載るほどに成長しました。

日本で作られた単語なので、

英語にはフリーターという言葉はありません。

フリーランスとアルバイターを組み合わせた和製英独語です。

フリーターに相当する英語は、

パーマネントパートタイマーとなります。

フリーターという言葉ができたばかりの頃は、

芸術家や芸能人になるために正社員にならずに

芸術活動を続けるという若者がいました。

彼らは生活費をアルバイトによって得ていました。

フリーターという言葉は、

元々は自己実現のためにあえて正規の職につかずに

努力を続ける青年を応援する意図もこめて、

これまでのプータローといった言葉と

区別するために作られたものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

ニートと就職活動のポイント「ニートの就職成功への道」 [就職]

ニートと就職活動


十数年前にフリーターという言葉が生まれ現在まで使われていますが、

近年ではそれとは別にニートと呼ばれる人たちもいます。

ニートは、就職や職業訓練などをしていない人を指し、イギリスで名づけられました。

ニートとフリーターは別のものとして区別されます。

正社員ではなくても、アルバイターやパートタイマーなどの

何らかの形で仕事をしている人のことはニートとはいいません。

ニートはどのような仕事にもついていませんし、

それでいて就職活動の類も行っていないという人たちです。

そのため、ニートという言葉を日本で用いる時は、いい意味があまり含まれていません。

就職する意欲を失った若者やひきこもりを指し、マイナスのイメージが強いのです。

近年、働きたがらずに就職活動もしない人達が多いようです。

日本国内では社会問題になるほど増えています。働く機会、働く意志、

働く環境などが奪われているということなのかもしれません。

イギリスでニートという言葉を使う時は、働いていない人を広く指し示しているだけのようです。

イギリスのニートはボランディアや育児に従事している人のことも指しますし、

休職中や離職中の人も全てニートです。

日本で捉えられているほどマイナスのイメージは無いようです。


ニートの就職活動のポイント


労働意志のないニートに労働意志を与えるには、求人情報が全てと言ってもいいのかもしれません。


実績もないニートの採用は新卒者重視の現在の企業が多い中では難しいかもしれません。

しかし、始めないことにはどうしようもありません。

面接で聞かれることもありますので、


自己分析で自身のとりえやマイナス面を知っておくと試験時に役立ちます。


ホームページ新聞、求人雑誌ハローワークの求人一覧など、

様々な場所からとにかく情報を集めます。


自分の望む会社に出会えるかもしれませんし、就職活動をしているのだという自覚が生まれ、

少しずつやる気が出てくるはずです。

就職活動を通して実社会との関わりを持つことができれば刺激になり、

自然と隔絶感も消えていくのではないでしょうか。

就職の必要性も自ずと理解していくことが出来るはずです。

ニート状態の人でも、どの分野に進んで仕事をしたいかという自覚があるならば、

就職活動もスムーズに進みます。これといってやってみたい仕事がなく、

どんな仕事ならやり遂げられるかもわからないという人は、

就職支援サイトの適性検査で何かわかるかもしれません。

見つけたら、試してみてください。

自分自身の持つ能力を冷静に判断していいところや悪いところをきちんと知ることが、

ニートが採用される時は必要です。

最終的に、自分に合う仕事につくことができれば、就職活動は成功といえます。

面接で聞かれることもありますので、

自己分析で自身のとりえやマイナス面を知っておくと試験時に役立ちます。


ニートの就職成功への道



長いニート期間がある人ほど、就職までの道のりは険しくなるようです。

就職活動には面接が欠かせませんし、その場では色々質問されます。

仕事に就いていなかった期間があると、たいていその事情を尋ねられます。

ニートが実際に働くことになったとしても、

すぐに辞めてしまうのではないかというレッテルを貼られていることも事実です。

採用の道を切り拓くためには、積極的に自分の意志を表明するべきでしょう。

会社としても、働く意志の強い人材を必要としていますから、

とにかくスタート地点から新卒者に敵わないとは思わないことです。

就職活動をうまくやり遂げるためには、やってみたい仕事にはとにかく応募することでしょう。

今がニートだから、正社員は難しそうだから、と気を回してばかりでは何もできません。

募集条件をクリアさえしていれば、新卒でもニートでも後は同じと考えましょう。

あまり自分を卑下せず、プライドを持って応募してください。

仕事を探すという権利は誰でも平等です。

ニートであることに不利な点はありますが、過度に気に病むことはありません。

面接にはちゃんと準備を整えて赴きましょう。緊張しすぎないよう、練習をしておくといいでしょう。

うまく面接をクリアし、採用された会社でこれから働いていこうと思ったなら、そ

れはニートからの脱却です。ものごとをポジティブに考え挑戦することが、成功には必要です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント [就職]

就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント

一般常識試験で問われる国語の問題は、漢字の書き取りの中でも読み違い、

誤記の多いものが問われます。

反意語や同音異義語、ことわざなども出てきます。

社会の問題も、政治経済、国際社会など色々なところから出題されます。

自然科学や地理歴史も問われることがあります。

図形を扱う計算や加減乗除、因数分解などの公式が必要な問題、

二次方程式などが数学では出題されています。

会社によっては、作文問題や英語の試験もあります。

一般常識試験を問う意図は、知っていて当たり前な教養が身についているか確認するものです。

従って、問題は小中学校で習う程度のレベルに留まります。

問題集を入手し、それを反復して学習することが、

一般常識問題を身につけるための一番いい方法といえるでしょう。

一見して易しそうな問いでも、事前に勉強をしていなければ解けないものです。

問題傾向を把握し、問題に慣れることがポイントです。

就職一般常識で出される問題には、時事もありますから、新聞を読むことを習慣化し、

分からない用語を調べておくことも大切なポイントです。

作文を書くことは学生時代以来から絶えて久しいかもしれませんが、

採用試験では文章作成題が出ることもあります。

自身で内容を決め、原稿用紙に文章を書くトレーニングをしてもいいでしょう。

難易度はさほど高くない一般常識試験ですが、

その容易さゆえに思わぬ油断が生じやすい分野でもあります。

適当でお茶を濁していては意味がありません。

この先の自分自身を形作る上でも、基本的な教養である一般常識は重要ですから、

この機会にきちんと学習してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職活動の一般常識と対策 [就職]

就職活動の一般常識とは

一般常識試験は、就職活動をする際には大抵の会社が設けているハードルともいえます。

就職一般常識は、社会人として当然知っているべきことを

その人が持っているかどうかを試すものであり、人員選考の基本となるものです。

どのような基準が、一般常識試験には設けられているのでしょう。

そもそも、生活をする上では直接関係がないことではと考える人もいるではないでしょうか。

当たり前のことを理解できないままに世を渡っていれば、

いずれ不都合が生じ恥ずかしい思いをすることもあります。

どのような状況になったとしても最低限のラインはキープできるよう、

身につけるべき知識は身につけておくべきでしょう。

一般常識というものは、ないと損をするけどあっても変わらないものかもしれません。

できるなら、会社としては一般常識を一通りは持っている人材を採用したいと思っています。

戦力になる人が欲しい会社サイドは、試験等を通してその人の人物像を知ろうとします。

しかし、入社後は会社の一員となり、会社の代表とも言える存在になっていく人材を選ぶとき、

一般常識を基本にするのは当たり前です。

ですが、希望する会社に採用されるためには、

一般常識があればそれでいいというわけではありません。

また、就職が無事にできれば一般常識は用済みということはありません。

常日頃から一般常識を少しずつ知っていくことで、

その知識が自分のスキルを高めてくれ、

社会人として前に進み続けることができるでしょう。


就職活動時の一般常識対策について


一般対策問題の問題集を入手し、様々な問題をできるだけ色々解き自信を深めることが、

就職対策になります。社会で起きている様々な出来事に関心を抱いて向き合っていくことも、

就職時の一般常識に役立ちます。

問題集をこなすことも大事ですが、行動や知識において、

世間の常識の中で学ぶべきことはとてもたくさんあるでしょう。

数多くの人が、就職採用試験を受ける時に一般常識を学んでから来ています。

そのため、一般常識問題は合格でも次以降の面接試験が通らずに

不採用になってしまったという展開もあります。

得意なことを何か持っており、それをうまく表現することができれば、

面接が楽になるかもしれません。

一部の人は、就職一般試験とは筆記試験のみで構成されていると思っているようですが、

そうではありません。

そして、面接では様々な受け答えにおいても気をつけるべきですし、

試験の場での行動は気をつけてください。

どんな人間が受けに来るのか、細かく見ているということです。

採用試験では、就職一般常識とは持ち合わせていることが普通です。

最低限度を求める試験といえるでしょう。

この他、時事問題などについては新聞で読んでおくことも大事なことです。

面接試験では、今社会で起きていることについて

一般的な知識は持ってるかどうかもチェックされるでしょう。

一般常識試験問題集に載っていないような今現在の社会問題も面接では聞かれますから、

問題集の一夜漬けだけでは試験は攻略できないのです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職活動の際の外資系企業の特徴とメリットについて知っておこう [就職]

95 外資系企業の特徴

転職活動をしている人の中で外資系に転職をして、

語学を生かして働きたいとを考えている人はかなり多いようです。

外資系企業というものは実際にどんな特色があるのかご紹介します。

その性格はひとくちに外資系と言っても資本比率、歴史、業種によって違ってきます。

日本の資本が大きい場合は外資系であっても日本の企業と特徴はそう変わりませんし、

日本の資本と外資が共同出資している場合は合併会社と言われています。

戦後日本に進出してきた外国資本が大きい企業を選ぶほうが、

日本に進出してきて年数が長い企業よりも

外資系の良さを求めて転職を考えている人にとってはおすすめです。

後者は中身はほとんど日本企業と化しているからです。

同じ外資系とはいっても、その出身国によって企業の特色は違いがあります。

物事の見方がヨーロッパ系の企業とアメリカ系の企業では違いがありますし、

これからはアジア系の企業も増えるのではないでしょうか。

転職活動をするときは、そのあたりも視野に入れて行うことがポイントです。

さらに大きく日本の企業と違うところがあります。

それは、会社のトップの性格が大きく経営に関わってくるということです。

外資系の転職を考えている人は転職しようとする会社の社長の

理念やキャラクターについてもよくリサーチする必要があるでしょう。

さまざまなところが、外資系への転職は日本企業への転職とでは異なります。

まずは外資系企業の特色をよく理解することから始めてみることをおすすめします。

外資系企業に転職するメリット


外資系企業に転職するといったいどのような利点があるのでしょうか。

転職を外資系企業にするにあたって一番の良いところは

経歴・学歴・性別・年齢などによる差別がないことだといえるでしょう。

実力さえあれば誰にでも外資系企業への転職のチャンスがあるというわけです。

日系企業よりはるかに女性管理職の比率が高いのも外資系企業のカラーでしょう。

仕事を頑張れば性別に関係なく昇進が可能というのが外資系企業の良いところです。

的確な昇給、昇進、降格など、外資系企業の人事評価はかなりはっきりとしています。

外資系企業への転職のメリットは、

自分が頑張った分だけその成果がわかりやすくあらわれるので、

をそれを機会に自分の実力を正統に評価かしてもらえるということではないでしょうか。

年功序列型の日本企業と違って外資系企業に転職すれば

若くても実力があれば責任ある役職について高収入を得ることも大きなメリットです。

会社に迷惑をかけない限り、社員のプライベートにはいっさい干渉することはありません。

これも外資系企業の特徴であり、

極端なことを言えば社内で不倫カップルが堂々とランチに行くこともできるなんて

話もあるのです。

年功序列でない、名前を呼ぶときは肩書きではなくさんづけで呼ぶなどの特徴があるせいか、

外資系企業には部下を怒鳴り散らすような上司や先輩はほとんどいませんし、

プライベートなことで上司に呼び出されるようなこともないでしょう。

これ以外にもオフィスキレイ出張旅費に余裕があるなどのメリットがあります。

日本企業と外資系企業の違いを認識することが転職成功へのポイントです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。