So-net無料ブログ作成

女性の転職と資格「転職に有利な女性と不利な女性」 [転職]

女性の転職


女性の転職についてです。

ここ数年は新卒予定者を中心に、希望の就職はかなり難しいと言われています。

男性と比較すると、女性の方が転職活動先を見つけづらいようです。

結婚や出産、育児や介護など、女性の場合は様々な理由で働き続けられなくなることがあります。

出産や育児が一段落し、職場復帰を果たそうとしても、転職先がないということもあります。

特に中年女性の転職はなかなか厳しい現実があります。

ただし、若い頃から資格や技術を生かした仕事を続けていたという人であれば、

一定年齢になっても転職先を探すことができるでしょう。

同じように実務経験を武器にしてステップアップしていく女性もいます。

どうして転職をしたいのかは、1人1人の条件によります。

もしも、現在の仕事をやめたくて次の仕事を探すのであれば、

次の転職先に望むことは何かを十分に検討することが重要です。

今の職場が、性差によって態度が違うという点が我慢できないというなら、

次の職場はそういった問題がないところがが条件です。

女性の転職は男性よりも年齢や生活環境によってかなり違いが出てくるので注意が必要です。

転職を望んでいても、女性は年齢や家族環境、

子供の人数や年齢によって会社からは即戦力と認められないということがあるようです。

女性の転職と資格


転職に役に立つ資格を取っていることで、女性は転職しやすくなります。

経済情勢が不透明な現代でも、就職活動を有利にするのは資格です。

国家資格を持っていると、転職では有利になるでしょう。

可能性を広げることができるといえます。

資格があることで様々な手当てがつき、収入の面でも優遇されることがあります。

女性の中には、退職後の転職先を探すことができない人もいます。

転職活動をしながら資格取得に励むことによって、就職の機会も増やせます。

薬剤師や保育士、看護師の資格を取ることで、女性は転職を有利に進めることができるといいます。

社会人になる前に、進路を決める時に資格を取得することを考えるのもよいやり方です。

例えば薬剤師の場合、薬学部を卒業する必要がありますが、資格を生かして働く女性も大勢います。

特に最近はドラッグストアにパートとして働くケースが多く、

時給も高いので出産後の再就職先や転職先としてもおすすめです。

実務経験を活かした資格の場合は、即戦力としての付加価値が高まるので、

転職の際にもとても有利です。日商簿記1級を持ち、

なおかつ経理の経験があるという女性であれば、

経理で働ける人を探している会社への転職可能性を高めることができます。


転職に有利な女性と不利な女性


転職の有利不利は女性の場合何で決まるでしょう。

男女雇用機会均等法が施行された後、働く女性の数はどんどん増え続けています。

けれども、男性と比較するとやはり女性は転職や就職が難しい面があると言われています。

転職市場は、景気悪化の関係もあって苦しいし状況です。

一度は仕事を退いた女性が転職先を決めるには、有力な資格を持っていたり、

経験を持っていることが望まれることが多いといいます。

男性と異なり、女性は出産や子育てなどのために仕事をやめざるをえないことがあります。

そのため、再就職に大変な思いをする人は少なくありません。

特に子供が小さければ、残業などができません。

企業からすれば、休みを頻繁に取り、

土日は出勤しないといった条件がある女性を採用するのはためらう傾向があります。

反対に、経験と実践のある女性が転職先を探すという場合も、

男性社員との関係性を重視して待遇に問題が出る場合もあるといいます。

女性を働き手を求める職業としては、介護や育児の技術を生かしたものが多いといいます。

ヘルパーや調理師などに興味がある人は一度考えてみるのもおすすめです。

女性の転職は専門分野ほど有利に働くので、

新たに資格を取ったりパートなどから始めて、コツコツ実務経験を重ねていくのもいいでしょう。



転職活動前の情報収集の注意点とツール [転職]

転職活動前の情報収集




転職活動では効率的な情報収集が結果を左右するといってもいいでしょう。

確かに重要なのはハローワークや求人サイトからの求人情報の収集ですが、

情報収集を転職活動に取りかかる前に行うことも大切です。

事前に集めた転職の情報を元に、転職活動の方向性を決めておくことが成功のポイントです。

自己分析によって自分に合う職種を探したり、転職先の希望条件をまとめたり、

長期的な転職活動の計画を立てたりする場合いも、

情報集めがそれぞれに見合った形で必要だといえるでしょう。

転職活動をする前に必要な情報には何があるでしょうか。

まずはじめに自分に関する情報集めをすることが必要です。

転職を何のためにするかを、自分の経歴の棚卸しをして、

必要であれば第三者の意見を求めることで明確にしましょう。

自分自身の市場価値を、人材派遣会社に登録をすることで調べてみるといいでしょう。

ある程度転職の方向性が決まったら、下調べを希望の業種や地域についてすると良いでしょう。

今すぐの転職を考えていない人でも、

ハローワークに行ったり、求人サイトなどに登録をして目指す職種に関する

リサーチをすることは重要です。

短期決戦になることも転職活動は時にありますが、

どんなに急いでいても怠らないほうが良いのが情報収集というものです。

入社への意欲をアピールすることも、

時間が無いからと転職に関する情報収集を妥協していると、厳しくなってしまうでしょう。


転職活動の情報ツール

効率的に自分の望む仕事の情報を得ることが、転職活動において大切なことです。

求人情報を探すには様々な方法があります。

新聞の求人欄やチラシ、求人情報雑誌やハローワークでの求人情報チェックが、

かつては基本的な転職活動でした。

よく行われていたのが、知人からの紹介や縁故による求人情報の把握をすることです。

最近ではインターネットの環境が整ったことにより、ネットによる情報収集を行う人が増えています。

最近はハローワークの求人情報も検索をインターネットを通じてすることが可能です。

忙しい人でも仕事と並行して転職活動に取り組むことが、

ネットであればいつでも利用できるので可能となっています。

転職活動で最近よく行われているのが、

企業説明会や企業の主催する就職セミナーで求人情報を得たり、

民間の人材あっせん会社を利用したものです。



希望の職種やこれまでの職歴などの条件を登録しておきましょう。

転職先の中から自分に見合うところを紹介してくれる会社もたくさんあります。

情報を収集する方法によって、メリットやデメリットがあります。

どんな種類の仕事を希望するかによっても、たくさん情報量があるところと、

あまりないところがあります。


転職時の情報収集の注意点


必ず転職活動に情報集めは必要となりますが、

膨大な情報が近年ではネットなどを介して供給されているものです。

求人検索をハローワークでするだけではないのが、転職のときです。

合同企業説明会や就職あっせん会社のホームページなど、たくさんの情報収集の手段があるのです。

けっして少なくないのが、求人情報だけでは情報が不十分だったと感じている人たちです。

たくさんの情報があってもその中から本当に必要なものを選択できるかというのはまた別の話です。

情報処理が的確にできることが、転職活動において大切なことです。

求人情報の項目別の読み方を覚え、

見落としやすい項目や最低限は確認しておきたい項目を把握しましょう。

場合によっては、書き方のわずかな違いで雇用形態や仕事内容、

勤務時間などは大きな影響があるようです。

大事なのは、企業や情報発信元などに発信されている求人情報だけでわからない点があれば、

問い合わせてみるということです。

求人情報などから転職先企業の様子を分析することも、

自分の希望に近い転職先を探す時には良い方法かもしれません。

企業の事業内容や企業理念を詳しく調べることで、

求人情報の内容がイメージしやすくなることもあります。

仕事のどこにやりがいがあるのか、何が大変そうか等も推測することが

転職の際に求人情報を読み取る時には重要だといえるでしょう。



転職活動時の面接でのコツとマナー [転職]

転職活動時の面接でのコツ


転職活動時の面接に限らず、面接の前には履歴書による書類選考があることがほとんどです。

つまりは履歴書に書いて提出したことはすでに面接官は把握している状態で

面接が行われることになります。

いかにして履歴書では伝えられない内容を伝えることができるかどうかが、

大切な面接のポイントになるといえます。

職種や業種が前職とは異なるものへの転職のために受ける面接もあるかもしれません。

新しい職種への意気込みは実務能力不足を補うには重要と考えられます。

意欲は、やみくもに出来ることばかりを主張したとしてもなかなか伝えきれません。

明確に説明できるようにしたほうが良いのは、会社の事業、応募職種の業務を理解し、

どこに関心を持って転職を希望したのかということです。

新しい職場で何がしたいのか、何を目指しているのか、

転職をした後のことをきちんと説明できるようにしておくことが大切です。

どのような仕事が転職したのち具体的にできるのかを面接で伝えられるかどうかは

非常に重要なことだといえます。

同業種や同業界への転職であるのなら、どんなスキルを持っていて、

どんな実績があるのかアピールします。

面接で説明できるようにしておくべきなのは、経験をを生かし、

転職先で具体的にどんなことができるかということです。

これがキーポイントとなって、転職活動の面接を成功させることができるでしょう。

転職のための面接を成功させるために

転職をする場合に職種によって異なる部分があるのが、面接のポイントです。

プラスになるのは、転職面接サポートシステムというプロのアドバイスを

受けることができるものの利用です。

異なるのは面接のどんな部分なのでしょうか。

パソコンスキルが必須となるのは、例えば事務職です。

説明をきちんと面接でできるようにしたほうが良いのは、職務経験から得たものと、

転職後にそれを活かす方法です。

転職前の職場での成績や評価を具体的な数値で説明することが、営業や販売職では重要です。

力を入れるべきなのは、転職後にどれだけ貢献できるかをアピールすることです。

さらにサービス職で重要となるのは、表情や話し方などの相手に与える印象です。

面接でも表情や笑顔といった点を見られることが多いといえるでしょう。

はっきりとした言葉遣いと笑顔を心がけ、

好印象を面接官に与えることで面接に成功することが可能となるでしょう。

可能であれば、実際に制作した作品や評価された作品を持参すると効果的なのが、制作職です。

アピールするとよいのは、新しいことに意欲的に取り組む姿勢やチャレンジ精神などです。

スキルと経験が求められるのが、技術職です。

面接で分りやすく説明できるようにしておくべきなのは、

転職後に生かせる具体的なスキルや職務経験についてです。

採用されるための面接のマナー


採用のための面接を受ける場合の心構えについて考えてみましょう。

あらかじめメモに取るなど、質問内容を整理しておきたいのは、

実際の面接時に想定される質問事項や要点です。

最も大事な面接の準備のポイントだといえます。

実際の面接の際に緊張して質問したい内容を忘れてしまうなどの

ケースを想定しておくことも大切です。

面接への準備として大変重要なことは、採用される側が応募する企業が求める人材を知ることです。

人物や人柄を重視する企業にとっては

応募者の持つ人間性や性質などを見極める意味での面接を行なうケースがあります。

しっかりと落ち着いて自分の意見伝えられるよう、

整理を自分なりにしておくことが不可欠だといえます。

面接時のマナーや一般常識なども重要ポイントなるのが、採用基準です。

企業側が採用したいと考える高いスキルや技術を持っている優秀な人材であっても、

実際不採用になることがあるようです。多くの場合、平気で遅刻をしたり、

常識的でない言葉使いや態度、的外れの質問などをしているようです。

言うまでもないのが、面接官が違和感を感じる人材の場合は不採用となる確率が高くなることです。

転職や再就職を支援する転職サイトなどを見てみましょう。

企業側が採用されるためのセミナーや採用されるための面接時の質問内容の勉強会

をたくさん開催しているので、参加をまずしてみると良いのではないでしょうか。

転職における面接のポイント [転職]

転職における面接のポイント


新卒時の面接と、転職の際に実施される面接とには、異なる部分と共通する部分とあるといいます。

今より前に他の会社に就職していた経験があることになるのが、

転職をするということだというのは、当然のことです。

前職を辞めた理由について聞かれないことは、転職のための面接ではまずないでしょう。

いろいろと転職の理由はあるのではないでしょうか。

辞めた理由が自己都合という人は、

明確に理由を説明できるように他の理由で辞めた場合よりもしておいたほうが良いでしょう。

間違っても前の会社の悪口や愚痴を、説明のときに言うことはやめましょう。

悪口や愚痴を前の会社について転職の面接においていうことは自分の評価を、

面接において下げるだけで退職理由の説明とは言えないのです。

結果的に誤魔化すことは、自分を追い詰めることになりますので、

転職の理由を、嘘をついたり包み隠したりする必要はいっさいないといえます。

誤魔化すのではなく表現を工夫したほうが、

同じ内容であっても言い回しによって印象はかわるのでおすすめです。

たとえネガティブな転職理由であっても、使わないようにしたほうが良いのが

、不満なため、できないためと言うような言葉です。

使ったほうが良いのは、したい、されたいなどの前向きな表現です。

印象をよくする重要なポイントになりますので、

転職時には面接に限らず前向きな姿勢を、いつも意識することが大切です。



転職相談をする方法「転職エージェントを使った転職相談」「インターネットで転職相談」 [転職]


転職相談をする方法


よい相談先を見つけることが、転職活動を成功裏に収めるポイントといえます。

今まで、日本の雇用は終身雇用が圧倒的に多く、一旦就職が決まったら、

定年退職するまでその会社で働くものでした。

けれど、盤石に見えた大手の会社がつぶれたり、

元気だったベンチャー企業でも1日で崖っぷちに追いつめられたり、

バブルが崩壊してからは何が起きるかわからない状況となりました。

働いている側が何か会社に損害を与えたわけではないのに、会

社の経営が段々と思わしくなくなって

解雇整理の対象となるというような状況も発生することがあるようです。

今まで終身雇用制度を維持してきた会社でも、

先の展望が不明確となったこともあり、定年までの雇用は困難になっています。

求人側も求職側も、転職をするという行為に対する印象は以前より大きく変化しているといえます。

とはいえ、転職そのものへのマイナス印象は減ったものの、

仕事が長続きせず転職ばかりしている人の印象は決してよくはありません。

納得のいく転職活動をして長く勤めることができそうな会社を見つけるためにも、

転職相談所の助けを借りましょう。

転職への印象がよくなっているとはいえ、何度も転職したいわけではありません。

転職相談ができる場所は、誰で聞いたことのある場所として、ハローワークがあります。

仕事を探しに行く場所としてハローワークを活用することが多いようですが、

相談窓口もありますので有効に利用してください。

ハローワークの他には、転職エージェントに相談をすることもできます。

転職エージェントは転職支援を仕事にしているわけですが、

転職がうまくいくと企業側からお金をもらっているので、

1人1人の転職相談にはとても熱心に乗ってくれるでしょう。


転職エージェントを使った転職相談


転職エージェントとは転職に限定した代理人、代理業者になります。

企業が求める人材を選別し、転職希望者の希望に見合った企業をピックアップして斡旋することで、

企業側から報酬を受け取るというものです。

簡単に言うならば、求人者と求職者との間に入ってお見合いを行う

、有料の仲人のような働きをしているところです。



そんな仕組みであることも働いて、転職エージェントに相談に行くと

意外と熱心に話を聞いてくれるようです。

報酬を受けて情報提示やあっせんをするところが転職エージェントで、

有料職業事業所ともいいます。

転職エージェントが報酬を受け取るのは採用が決まってからで、その採用を決めた会社が支払います。

転職エージェントは企業側から成功報酬をもらっているので、

求職中の人が相談に行ってもそこで料金がかかる心配はありません。

転職エージェントを使った転職、転職相談をする場合、気をつけなくてはならない点があります。

それは、転職エージェントに登録された求職者は、転職エージェントとから見た場合、

商品になっているということです。

企業サイドから採用されるような人を紹介できなければ、

転職エージェントは報酬がもらえません。

相談ばかりに来るけれどなかなか転職活動に踏み切らないという相手は

転職エージェントの対応もそれなりになってしまいます。

はっきりと自分の意思表明ができない人には難しいところともいえます。


インターネットで転職相談

転職活動のための情報収集にネットを活用している人もかなりいるようです。

転職活動を今ほど堂々と大っぴらにできなかった時代やそれ以前の頃は、

どのような手段で転職相談や情報収集をしていたのでしょうか。

行ける場所といったら、ハローワークくらいだったはずです。

その他には、親や親戚、先輩関係にある人など交友関係のツテを辿って

就職を世話してもらうというパターンが主だったようです。

限られた狭い範囲で転職相談をしていくのは大変だったことでしょう。

ハローワークの他にも転職エージェントなどの職業事業所も増え、

転職への印象も変わって活動しやすくなりました。

一つの会社が続かないために転職を何度もしているような人は困りますが、

現代は転職活動をする上では何かと便利な社会になっているといえるようです。

今では、転職活動に対するマイナスイメージが払底され

ハローワークや転職エージェントといった転職をサポートしてくれる施設が存在するだけでなく、

これらを使わない新しいタイプの転職活動もできるようになりました。

ネット環境が整ったことにより、ネットでの情報探しが格段に楽になったのです。

転職に関する知識を得たいという場合は、インターネットが役に立ちます。

転職に関する様々なノウハウ、メリット、デメリット。


ちょっとした転職セミナーを受けているぐらいの情報は簡単に手に入ります。

転職支援サイトだけでなく、

転職をテーマにした掲示板などに行けば転職活動中の人の話や

様々な業種の情報も知ることができます。


転職セミナーに参加する意義「転職セミナーの構成内容」 [転職]

転職セミナーに参加する意義


今の仕事を辞めて転職しようと決めた瞬間には、これから何をすべきなのか、

効率的に目的を果たすためには何から着手すべきか見当がついていない人が多くいます。

人材会社は転職活動を助けるための転職セミナーを定期的に開催していますので、

まずはそこを訪れてみることも一つの方法です。

きっと、転職活動の指針を得ることができます。

右も左もわからない状態だけど転職はしたいという人に対しては、

転職の基本的な知識についてわかりやすく解説してもらえます

。例えば中途採用の場合に企業側が求めるものは何かなどについてです。

また、転職アドバイザーの力を借りることによって、

現場の担当者の声や企業について深く知ることができるでしょう。

転職セミナーの中には、特定業種の転職市場や業界の動向を扱う、

専門的な転職セミナーも開かれています。

共に転職に身を投じようという人たちとの会話により、

やる気をかき立てられることもあるでしょう。

セミナーでの講師は質疑応答も受けてもらえるため

、一方的な話にはならず、互いに意見交換をし交流を深めることができます。

目的の職種の知識や情報が手に入るだけでなく、異なる業種の話も聞き、

適職診断や自己診断も受けられます。

今後どこに転職し、自分の将来をどう描いていくかを考えるきっかけにもなるでしょう。

自分の意志を貫き転職をやり遂げるには困難が待ち受けているかもしれませんが、

セミナーを受講し乗り越えていきましょう。


転職セミナーの構成内容



主催の企業がどんな意図を持っているかで、転職セミナーは差が出ます。


セミナーは少人数を対象としており、意見交換もできるような講習会です。

セミナー毎にテーマがあり、そのテーマに基づいての講師の話や討議が行われます。

転職成功法セミナー、採用担当者の生の声を聞けるセミナー、面接対策セミナーなど内容は様々です。

企業が主体となって行う自社への転職セミナーでは、会社説明から採用試験まで行ったりもします。

たいてい、セミナーの一番最初には、セミナー講師が今回の内容についての骨子を説明するでしょう。

その後講師は、定められたテーマに基づいた講義をすることになります。

各会社ごとの転職セミナーの場合、業務内容や部署の様子が説明されます。

転職ノウハウの説明をメインにした転職セミナーもあります。

転職活動の基本的な考え方や、自分が本当にやりたいことを見出す方法、

失敗しない面接のコツや履歴書の書き方などがテーマとして構成されています。

講義終了後にフリートークの時間が予定されており、

双方向的な形で講師との質疑応答や意見交換をするようなスタイルの転職セミナーも存在します。

体験型ワークショップを通して議論をする転職セミナーもあります。

会社が主催する場合、

新規採用者に求める業務内容やプロジェクトの説明を転職セミナーで行った後で、

面接や採用の交渉を個別にできるところもあります。



女性の転職講座 「女性の転職と面接」 [転職]

女性の転職講座

近ごろ増えてきているのが、キャリアアップ講座などの女性向けのものを開講するところです。

現在の仕事に役立つような資格講座や、ビジネスに関するものなど、講義の内容は多岐に渡ります。

アートやビジネス、デザイン、コンピュータ、介護福祉など

女性が転職や再就職するために有利な資格を取ることも可能です。

これら女性のための講座ではプロとして活躍できる人材を養成し

実践に即したカリキュラムとなっているので大変おすすめです。

講座内容もわかりやすさが心がけられており、教材も様々なものが用意され、

受講のしくみもわかりやすくなっています。

コンピューターを扱う講座や、介護に関わる講座が、

多くの女性に求められている講座のようです。

少し調べるだけでも、多種多様な講座があることに気づくはずです。

女性を対象とした講座の中から、自分自身のやりたいこと、

将来に生かせそうなことをじっくり学んでいってください。

仕事を探す時、今まで自然と培ってきたスキルのみを頼りに新しい職場を探すより、

実践的な講座を受けてスキルアップをはかってみるという方法もいいでしょう。

仕事を探す上では、このような方法を取った方が、

同じ環境にいる人たちを引き離すことができるでしょう。

講座を受講しスキルアップを果たすことで、自分の能力をより一層引き出すこともできるでしょう。

女性を対象とした転職講座に行くことで転職に必要なスキルを磨き、

これからの転職活動に役立てていくことができます。


女性の転職と面接


面接は、就職活動をする上では絶対に避けては通れない関門といえるでしょう。

女性が転職するときにどう面接でアピールしていけばよいのでしょうか。

まず志望動機をどう答えるかということが面接でのポイントになります。

会社の業務と自身の目指すところが間違いなく同じ方向を向いているか、

面接前に再確認しておくと動機を話しやすくなります。

そのためには、希望する会社がどのようなことをしているのかを調べましょう。

質問には手際よく答えた方が好感度は増しますので、

あらかじめ自己PRや動機などの聞かれそうなことは頭の中でまとめておきます。

この他、女性が働く上では家事や子育ての問題も関わってきます。

それらと仕事をどう両立させるかも答えられるようにしましょう。

採用選考の際には、面接した女性と一緒に働きたいと

お互いが思えるかどうかがポイントになるようです。

スマイルの精神を忘れずに、相手にいい印象を持ってもらえるような女性を

イメージすることが大事です。

女性らしい話し方を心がけて早口になりすぎないように発言をすること、

向こうの話をきちんと聞きながら自分なりの考え方を持っていることを

アピールしたいものです。

仕事へのスキルをどれほど有しているか、

そして仕事への熱意をどれだけ持っているかが女性の転職活動では鍵となるでしょう。

女性であることを弱点とせず、

いかに長所として相手にアピールできるかという点も面接では重要な事柄です。



転職支援サービスの選び方 [転職]

転職支援サービスの選び方


転職支援サービスには、

いくつもの種類があり何件ものサイトで提供が行われています。

転職活動にはどれを利用するか選ぶときのポイント

はどのようなものなのでしょうか。


自分の状況にあった転職支援サービスを選ぶことが、

転職活動を成功させるために最も大事になってきます。

中途採用を行っている求人企業からいくつもの

求人情報が出ていることから、

最近では転職サイトのスカウトサービスが

よく使われています。

サイトから自分の職務経歴や希望職種などを登録しておくと、

自分に興味を持った求人企業がスカウトの連絡をくれるという

転職支援サービスです。

ただし、公募されている求人に対してのみ応募ができること、

求人先の企業との交渉や調整を

全部自分でやっていかなければならないことなど、

注意する点もあります。

他方、転職支援サービスとしては、

転職エージェントが作るポータルサイトという

形式のものもあり、

そこには複数のエージェントに来ている

求人情報が集まっています。

転職エージェントのポータルサイトに登録すると

転職サイトと同様にスカウトを受けることができます。

この場合は企業からではなく、

転職コンサルタントからスカウトが来る仕組みです。

いくつもある転職エージェントが持っている求人

に対して活動をすることができるため便利である一方、

企業に対して直接応募することができません。

このように、幾種類もの転職支援サービスがあります。

その中から、適切な転職支援サービスを選び出し、

転職活動を上手にやっていきたいものです。

就職活動でのプラスの転職理由とマイナスの転職理由 [転職]

就職活動での転職理由



面接にあたって、たいてい聞かれるのが転職の理由です。

就職活動の面接で転職の理由を聞くのは、

その質問の答えを聞くことでどんな人物なのか知る

という意図もありますが、

以前の仕事を辞めた理由と同じような理由で

今回の会社をやめたりしないか確認するためでもあります。

残業が多くて仕事を辞めました、

という人は、社員に残業を求める傾向のある会社

では恐らく採用されにくいでしょう。

同じ理由でいずれ辞めていくだろうからです。

一方、辞めた理由が人間関係のトラブルなら、

環境が変われば問題はなくなるようにも思えます。

しかし、漠然と人間関係が悪かったというだけの転職理由

では就職活動では不利になりかねません。

面接をする人によっては、職場の顔ぶれはは変わっても、

協調性に乏しい人間なら同様のトラブルが

発生するかもしれないと判断する可能性があります。

また、周囲の人が原因で問題が起きた、

自分は悪くないと言うような人はまず断られます。

他人に責任を転嫁し、

自分の問題を考えていないという

印象を与えることになるためです。

転職理由が職場での人とのトラブルであることを

隠すことはないでしょう。

就職活動で重要なのはそれをどのように表現するかです。

面接の場では、表現を少し工夫することで採用確率が

ぐっと違うものです。

問題点を明瞭に、トラブルの原因は何で、

対応はどのようにしたかなどを具体的に

盛り込みながら話をしましょう。


プラスの転職理由

転職理由をプラスの側面から考えることは、

転職活動で有利になるだけでなくこの先の自分自身に

とっても有益です。

プラスの取り組み方で転職できたと考えることができれば、

その後の仕事人生で支えになります。

発端はマイナスの理由から転職を決意したのだとしても、

そうした思いをプラスの理由に変えることができれば、

支えが生まれるからです。

最初に、自分はどういった理由から転職を考えているのかを

じっくりと見つめ直し、

紙に書き出してみましょう。

就職活動で人に見せるための動機ではなく、

自分を納得させるための転職理由を明確化するのです。

就職活動用に、説明用の動機を作り上げるのは、

それからで構いません。業務が激しすぎる、

残業が多すぎる、

人間関係に難があるなどという動機を抱えていたとしても、

より具体化してみます。

そして、どういった状況が自分が満足できる状況なのかを

考えます。

たとえば、残業が辛くて転職を考えている人がいたとしても、

実際には仕事内容に対する不満が潜んでいるかもしれません。

仕事が面白いもので、

やりがいに満ちていれば、

残業をしなければならなくてもある程度は頑張れるはずです。

自分が仕事に打ち込めないのは何故なのか、

実際にはどんな仕事がしたいのか。

具体的な内容と現実とのズレをはっきりさせることで、

「自分の望む状態はこれだが、現実はこれ」

というはっきりしたビジョンを作り、

転職理由をプラスに読み変えることができます。


マイナスの転職理由

転職の動機がマイナスなものであった場合、

就職活動に支障を来すことがままあります。

ですが、労働環境が劣悪であったり、

職場の人間関係に問題があったことで

転職を志す人も多いはずです。

職場の人間関係で問題を抱えること、

労働時間のわりに給与が安いことが、

離職を考える動機の1・2を占めるといわれます。

転職の際、後ろ向きの動機を告げるのはよくありませんが、

実際に離職するための理由がマイナスの動機で

あってはならないということには、

必ずしもなりません。

転職したい理由が後ろ向きなものなので、

それでは今の職場を辞められないと我慢してばかりいたのでは、

何も良くはなりません。

現在の労働市場では終身雇用制という慣習が

崩れつつありますので、

一つの職場にこだわる理由は何もないのです。

現況がつらく、そこから抜け出したいと思うあまり

に転職を考えたような場合、

退職するまではともかくその後が続かないということは

考えておくべきです。

現況からの離脱だけを念じて転職を決意するのでは、

転職そのものが目的化してしまいます。

あくまで転職は手段と考えるべきです。

転職したい理由に現在の状況からの逃避があるのを

悪いとはいいません。

もっとも、今の状況の何が悪く、

どうしてここから逃げたいと思うのか、

どうすれば問題がなくなるのか。

そうした問題点を把握し明確化した後に

転職への活動を始めた方がうまく進みます。



転職市場での第二新卒と動向について [転職]

転職市場での第二新卒

転職活動中の人のうち、

大学等を卒業してから社会で働いた経験が3年以下であり、

25歳くらいまでの若い世代を第二新卒と呼びます。

今までは第二新卒の転職にはあまり良いイメージは

持たれませんでした。

とはいえ、まだ以前の会社のカラーに染まっていないけれど

社会に出るためのマナーは身についているという強みがあります。

年齢的にもポテンシャルが高いとともに、

転職後の会社のカラーに染まりやすい世代です。

第二新卒はこのような点で魅力があるため、

転職市場において求められるようになりました。

就職してみたものの実際に仕事をしてみると、

自分が想像していたこととは違いがあったり、

もともと希望する職種ではなかったりということがあります。

そのため転職市場には、

第二新卒者の数はかなり多いと考えられています。

この世代の人たちは終身雇用に関心が薄いこともあるでしょう。

現在、団塊の世代が大量に退職し、

世代交代に伴う若年層の人材不足が重なっています。

転職市場は第二新卒者には

絶好のチャンス期となっているようです。

主に事務や営業では第二新卒者の需要が高く、

すぐに働き手として期待できる存在として重宝がられています。

客層が若いマーケティング部門での採用や、

ITといった情報関連部でも

第二新卒は即戦力として期待されています。

第二新卒が求められているのは、

転職市場の中でも若い人の感覚が

重宝されるような企業といえます。

現在の転職市場における動向について

今、それぞれの職業ごとの転職事情はどうなっているのでしょう。

ホームページの情報を元にわかっている事柄をまとめてみました。

転職市場が最も活性化しているのはIT業界のようです。

特にモバイル系は、商業市場がさらに活性化する見込みです。

なので、

IT系エンジニアの中でも携帯系テクノロジーを

得意とする人に需要があります。

現在、携帯関係は売り手市場となっていますが、

この状況はしばらく続くでしょう。

売り手市場が続いている職種には、

金融業界があります。

2007年に保険商品の銀行窓口販売が解禁されたことや、

外資系の保険業者が日本でも保険商品の販売を始めたことから、

保険の競争は激化の一途をたどっています。

特に銀行関係や保険会社関係などの経験者への求人が多く、

専門のスキルを持つ人が金融業界では高い需要があるといえます。

また、どのような業界でも事務や営業の転職市場も

売り手優位が続いています。

新しい事業を立ち上げるにしても、

既存の事業を拡大するにしても、

事務や営業は欠かせない職種です。

その点については金融業界も

IT業界も変わらないのではないでしょうか。

今後、競合他社との競争が激化すればするほど、

人材には即戦力が求められ、

専門性の高い人ほど求められていくといえるでしょう。

即戦力となるスペシャリストは

どの会社でも重用されることが多く、

売り手市場と呼ばれる現在の転職状況でもそれは同様です。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。