So-net無料ブログ作成
人材派遣 ブログトップ

人材派遣会社のサービス内容と有効利用について [人材派遣]

人材派遣会社とは


派遣会社を利用して仕事につくという方法が注目されています。

最近は正社員での働き口を探すことが困難になっており、派遣社員で仕事をする人が増えています。

正社員と派遣社員は、勤務先が同じでも待遇は大きく異なります。

派遣社員はあくまで派遣会社の社員であり、給料も派遣会社から支払われます。

内容はずいぶんと違っています。一般的に派遣社員と企業の間には、

人材派遣専門の会社が仲介に入り雇用を成立させています。

人材派遣会社は登録をして仕事を紹介してもらいます。

仕事がほしい登録者から希望やスキルなどを確認し、

求人をしている企業への仕事を斡旋しています。

スキルが合う人がいれば業務について打診を行い、会社に行って期間満了まで仕事をしてもらいます。

仕事を探す人と、働ける人を探す企業とのマッチングを派遣会社が取り扱っています。

派遣の期間はあらかじめ決まっており、その日数内のみ派遣社員は仕事をしています。

正社員としての就職とは違う面が多々あるので、

事前によく確認して納得の上で派遣社員として働くことが大切です。

派遣社員の労働環境は正社員よりも悪いと言われていますが、

近年では求人数が大幅に減っていることもあり、

派遣での働き口すら見つけにくくなっています。

派遣会社への登録者は年々増加しているそうです。


派遣会社のサービス内容について

どういう仕事を、派遣会社はしているのでしょう。

次の仕事が見つからず、無職の期間が予想外に長引いた場合は、

派遣会社に登録して仕事をするというやり方があります。

派遣の業務につく場合は、仕事を行う会社との契約ではなく、

派遣会社との取り決めで仕事が決まります。

正規雇用の社員とは決定的な違いが出てきます。

派遣社員として仕事をすると、給料は派遣会社から支払われます。

福利厚生は勤務先の会社ではなく、派遣会社の取り決めに基づきます。

正規社員よりずいぶんと不安定な条件で仕事をすることが多く、

最近ではそこがクローズアップされ社会問題にもなっています。

一定期間の契約によって派遣の仕事は成立しているため、

期間が終われば仕事も終わってしまいます。

企業側からすれば、人出が必要な時に必要なだけ、

正社員よりも人件費のかからない労働力が得られます。

派遣として働く人を増やすことは、労働力が欲しい会社も嬉しいことです。

さまざまな雇用制度の改正により、今現在では派遣での労働は最長で3年。

3年を期限に派遣としての雇用は打ち切りになります。

これからも働き続けて欲しいと判断した人には、

正社員として雇用される道があります。

まずは派遣社員として働いてみたい会社で仕事を始めて、

正規社員の道を目指してみるのも一つの方法です。


派遣会社の有効利用



派遣会社は、多くの人が登録する大手の企業から、ごく小さな企業まで様々なものがあります。

派遣会社に求人を出した企業は、欲しい人材を採用した時に初めて会社へお金を払うことになります。

登録は無料でできることが、派遣会社利用時の特色です。

とにかく仕事を探している人は、まず大手の人材派遣会社に登録しておいてもいいでしょう。

近年ではネットを使った人材派遣会社の登録も可能ですので、

様々なサイトを巡回してみるといいでしょう。

自分の希望やスキルをできるだけ細かく書いておくことで、

より自分の条件に合った会社を紹介してもらえます。

最初は派遣として雇用されていても、会社から実力を認められれば、

正社員になれる可能生もあるといいます。

この頃は、社会的な目もあり、

派遣社員を減らし正社員を増やしている企業も少なくはないようです。

少しでも正社員の機会があるなら、ぜひものにしたいものです。

派遣社員は働く期間が限られている分、再就職先を探すまでのつなぎとしても利用できます。

本命の職種があり、そのための採用試験を受け続けているという人なら、

パートやアルバイトのような感覚で派遣で働いているということがあります。

派遣会社によってはさまざまな相談会やセミナーを行っているので、

参加してみるのも再就職へのヒントになります。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

転職に必要な履歴書を作成する方法・・「転職履歴書を書く前に」 [人材派遣]

転職には履歴書が必要


転職活動を行う時に必ず作成しなければならないものが履歴書です。

履歴書は転職活動での必要書類であり、

おもに転職活動の際に応募した企業に提出する際に使用する書類の事です。

転職を達成するために履歴書はどうしても作らなければなりません。

出して当たり前の書類ですが、自分を売り込むための道具です。

転職時に必要となる履歴書は、自分の個人情報、学歴、職歴をまとめる欄の他にも、

資格、志望動機、趣味等の欄も履歴書には記入する箇所があります。

繰り返し履歴書を作成していると段々億劫になってきて、

履歴書の項目を文字で埋めることができれば何でもいいと考えてしまう方もいます。

適当に記入した履歴書では、人事担当者に良い印象を与えません。

履歴書を見れば、その人がどんな気持ちで転職活動をしているか見ます。

履歴書の写真はきれいに貼り付けてあるか、

印鑑の押し方に問題はないかといった点まで見ているような会社もあるといいます。

会社の戦力になりえる人材を探すため、

採用担当者は転職希望者一人一人を厳しい目が見ているといっていいでしょう。

転職とは、人生の航路を大きく変える行為です。

人生の一大事である転職に臨む際に、

文章作成1つにも丁寧に取り組めない人なのだろうかという印象で見られてしまう可能性があります。

転職活動のために作成する履歴書は、ある程度時間がかかってもじっくり作成しましょう。

転職に利用する履歴書を作成する時


転職に利用する履歴書を作成する時にチェックしていただきたい点があります。


手書きの書類は消え、多くがパソコンで作ることが一般的になっています。

そのため、文字の上手下手で履歴書の評価が大幅に変わることはないと考えていいでしょう。

一方字が上手であっても、ササッと走り書きした様な履歴書は良い印象を与えないものです。

時間と手間をかけてきちんと書いた履歴書なら、字にクセがあったとしても担当者は気にしません。

転職活動の履歴書は、文字のバランスや空白を考えつつ、

手書きで一文字一文字書いていなければいけないことがどれほど難しいか予想はつくというものです。

手間のかかる作業をしっかりやり遂げていることがわかれば、

それだけ意欲があるという評価に繋がるというものです。

丁寧に仕上げた履歴書を提出できれば、字がいくぶん崩れていても問題にはなりません。

ただし、履歴書では最低限守っておきたい約束事項があります。

職歴や学歴の最後は、「以上」という記述で結びます。

黒いペンを使って書くことが、履歴書の決まりごとです。

もしも誤記があったら、修正ペン等は使わずに新しく作り直します。

証明写真を貼る欄には、スナップ写真は使えません。履歴書のために撮った写真を用いてください。

写真を貼り付ける前に、裏に名前を書き込みます。

履歴書を転職のために作る時は、様々な約束事を守りましょう。

転職履歴書を書く前に


なぜ転職をしようと思ったのか、履歴書を作る前に今一度考え直すことはとても重要なことです。


過去の経験やスキルは何があるか、転職を志したきっかけとはどのようなものなのか、などです。

これから転職しようとしている会社では、どんな仕事をして、どんな自分になりたいのか。

説得力のある志望動機や自己PRをするには、まずは考えをはっきりまとめることです。

また、転職後のことを十分に考えている人なら、

履歴書の内容をまとめる時に困ることはまずないでしょう。

大抵の人は、履歴書を書くときにそこまで気をつけなければいけないものなのかと

思うのではないでしょうか。

自己分析をしっかり行って、自らの転職に対する意志や志望理由を整理する事が重要です。

履歴書だけでなく面接時の受け答えにも困りません。

新しい会社に入ってしまってから悔やむより、

今たくさん悩んでおいた方が納得のいく転職活動になります。

面接の場で説得力のある発言をするためには、自分で自分のことを理解しておくことが重要です。

履歴書を書くことが億劫だとは考えずに、

履歴書を作成することで自己PRの方法を固めるようにしてください。

履歴書は、転職活動の最初の一歩と考えて丁寧に作成してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職支援サービスと人材派遣との違い [人材派遣]

転職支援サービスと人材派遣との違い

人材派遣と転職支援サービスは類似しているという印象ですが、

この人材派遣との大きな違いはどんなものなのでしょうか。

実際に働く会社との間に雇用契約を結ぶわけではないのが、

人材派遣会社というものです。

まずは派遣会社と雇用契約を結び派遣先企業で仕事をすることになるでしょう。

仕事を派遣先企業でする場合は、人材派遣会社から給与が支払われます。

転職支援サービスを受けて、

転職活動した場合には正社員として紹介された企業と雇用契約を結び働くことになります。

雇用契約を結ぶ先の違いが人材派遣と転職支援とが

まったくこの2つの違うところであるといえます。

転職をインターネットで検索すると転職情報の求人サイトを見つけることができ、

たくさんの種類の求人情報が掲載されています。

求人サイトの中の仕事情報は一般に公開されたものであるといえます。

面接・選考・採用の決定まで話を進めていくことになるのは転職希望者であり、

直接求人企業とやり取りすることになるでしょう。

採用時の条件交渉までコーディネートすることになっているのが転職支援サービスですので、

応募企業の選択の段階から面接の調整などすべてやってもらえるのです。

これらの転職に関わるサービスはすべて無料で受けられるのが転職支援サービスのようです。

転職するといってもいろいろな転職を支援するサービスや仕事を探す方法があります。

転職活動は自分なりに調査して一番自分に合った方法でを行いましょう。

そして転職を成功させましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
人材派遣 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。