So-net無料ブログ作成
通関士 ブログトップ

通関士試験合格への道 [通関士]

通関士試験合格への道


いったいどのように通関士の資格試験の対策をとったらよいのでしょうか。

通関士のとしての就職や転職をめざす人にとって

この通関士の資格試験は必ず通らなければならないものなのです。

通関士の試験内容は3科目になります。

「通関業法、関税法、関税定率法およびその他関税に関する法律」

「外国為替および外国貿易管理法」

「通関書類の作成要領および実務」

の3つを勉強しなければなりません。


通関士試験受験案内に詳しく記載されていますが、通関業務に携わっている人は、

科目が免除される場合があります。

通関士試験一発合格したいなら、まず自分の勉強計画を立てましょう。

勉強法についてですが、

自宅でやるのか学校へいくのかなど自分に合ったものを見つけることが重要です。

通関士試験を勉強できる通信講座も利用することができるでしょう。

通関士試験までの無理のない計画がやる気を失わないコツです。

過去の通関士試験の問題出題傾向などを把握することが、

通関士試験の勉強のカギになります。

とにかくたくさん問題を解くようにしましょう。

問題集のほうに答えを書き込んだりするとただの参考書になってしまいますので、避けましょう。

通関士試験当日まで何度も見直しに使うからです。

テキストの方にどんどん書き込んで自分だけのテキストを作りあげる事がポイントです。

一通り通関士試験問題を解いたら忘れないうちに復習すること、

またわからないことがあっても、とにかくどんどん解くことが重要です。

一日に出来る量を決め確実に頭に入れるようにして間違ったところの見直しも重要です。

つらいときは通関士試験に合格して就職や転職に成功したことを思い浮かべてください。

試験まで夢と希望を忘れずに臨むことが、最後まで通関士試験をやり通す力になることでしょう。


93 新聞配達は辛いアルバイト 体力勝負の肉体労働で、非常に体力を使うのが、新聞配達のアルバイトです。軽い気持ちで新聞配達のアルバイトはできるものではありません。このアルバイトは続けることができなければ意味がないので、あらかじめ自分に向いているかどうかよく考えることをおすすめします。何よりも朝が弱い人、寝坊しがちな人は難しいでしょう。新聞配達のアルバイトは朝が早いアルバイトだからです。当然の休みなどは取るのが難しいようです。昔に比べれば取りやすくはなっていますが、配達エリアの分担が決まっているのがその理由です。新聞配達のアルバイトは、雨の日や雪の日はもちろん、台風や災害時、お正月やGWやお盆などにも新聞の配達はありますので休むということはできないのです。広告の多い週末や、悪天候の日のバイトは特にとても大変です。一つ一つは軽くても、大量の新聞を配達するので想像以上に運ぶのが大変です。体力が必要なのがこの新聞配達のアルバイトです。荷台に積んだ新聞を毎日のようにひたすら何件も配るのです。団地などの新聞配達は階段の上り下りをします。ですから余計に体力を使うのでしょう。たくさん汗をかく気温の高い日が続く季節は、水分補給をしなければなりません。新聞配達の時間がいつもより多くかかることになるのが、寒い日の早朝です。まだ暗く、路面凍結の危険もあるからなのです。
94 アロマテラピストの就職先 アロマテラピストとして活躍できる主だった就職先はどんなところになるのでしょうか。アロマテラピストとして活動できるところはどんなところになるのかご紹介します。アロマテラピストになると一番多いのがアロマテラピーショプで、精油や関連商品を専門に扱うお店です。それぞれのアロマテラピーショップで、アロマテラピストに対する必要な知識が変化します。ショップごとに扱う精油や品質、ターゲットが違ってくるからです。アロマテラピーショップには、ルームフレグランス的な生活の中に取り入れられるようなものを求めるお客さまや、心身の改善ができるものを求めるお客さまなどが主にやってきます。適切な精油を紹介したり、基本的な注意事項をお客さまにアドバイスするのが、アロマテラピストの仕事になります。アロマテラピストの仕事のひとつに、精油サプライヤーというものもあります。これはアロマの関連商品を供給する立場で、高度な知識が要求される場合もあります。取引相手が医療関係者やサロンだったりするからです。美容サロンで働く場合は、アロマテラピーマッサージやトリートメントの技術をつけ、美容施術を行います。エステティックよりの美容サロン、治療院よりの美容サロンが美容サロンの中に存在します。治療院などの医療関係もアロマテラピストの就職先にあげられ、医療関係の場合、アロマテラピストとしてだけでは施術はできません。医療関係の資格を持っていない場合は、アシスタントとして働くことになります。看護免許などを同時に持っていると、アロマテラピストとして働く幅が広がるようです。将来、自分でアロマテラピーサロンや治療院を開業といった選択肢もありますね。
95 日雇いバイトを選ぶ理由 年々日雇いバイトをする人が増えています。では日雇いバイトを選ぶ理由にはどんなことがあるのでしょうか。気持ちが楽な仕事ができるというのが、日雇いバイトを選ぶ理由で一番多いもののようです。仕事の内容よりも、職場の人間関係が正社員の会社員など企業に就職して仕事をするうえで一番多く出てくる問題なのです。日雇いバイトに関しては、職場の人間関係はほとんど無いようなものです。人間関係によるストレスはほとんどありません。ですから楽に仕事ができるのです。仕事上責任をもつことがほとんど無いということが、日雇いバイトを選ぶ理由としてあげられます。長く同じ会社に勤務していると、責任ある仕事を任されるようになります。その責任の重さをストレスに感じる人もいるのです。責任はほとんどないのが、日雇いバイトの仕事です。その日限りの仕事だからです。人間関係やわずらわしい仕事で悩むことはほとんどありません。日雇いのシステムが派遣会社によって普及していることも、日雇いバイトが選ばれる理由として考えられます。派遣会社に登録すると、次の日から簡単に仕事ができる仕組みになっているのです。携帯電話で簡単に日雇いバイトの情報を入手できるようになっているのです。仕事の内容や職場の人間関係のわずらわしさが無い手軽な日雇いバイトは今後も選ばれていくのではないでしょうか。
96 引越しのアルバイトのメリットとデメリット 引越しのアルバイトのメリットをご紹介しましょう。最大の引っ越しのアルバイトのメリットは高収入ということです。引っ越しのアルバイトの大変魅力的な賃金は、日給8000円から10000円とかなり高いものです。引越しのアルバイトは高校生でも簡単にアルバイトすることが出来ます。体力に自信さえあればたくさん稼げるのが引越しのアルバイトです。引っ越しのアルバイトは学生にとって大変便利なバイトです。週によって出勤できる日数がバラバラでも雇用してもらえるからです。引っ越しのアルバイトはアルバイト初日からかなりの体力を要求されるでしょう。体育会系で長時間の稼動に自信がある場合はとても良いアルバイトです。体力に自信のない人にとっては引っ越しのアルバイトはもちろん論外であり、これが引っ越しアルバイトのデメリットだともいえます。引っ越しのアルバイトは、少しの体力を過信してアルバイトを始めて、怪我をしてしまう人がいます。また体力に自信があっても体を痛めるケースが多々あります。引越し先や働く環境によって違いますので全てがそうとは限らないのですが、引越しのアルバイトをする場合は慎重に選びたいものです。引越しのアルバイトは荷物だけでなく、お客様が住んでいた家、新しい住居も商品となりますので、力仕事だけでなく、慎重に気を使うことも重要なアルバイトです。
97 営業アシスタントの仕事 派遣会社で人気のある事務系ワークの仕事の一つが、あまり聞きなれないですが、営業アシスタントの仕事です。営業アシスタントの仕事は、営業スタッフを様々な面からサポートします。営業アシスタントの仕事は、スケジュールの管理や、プレゼンテーション用の資料の作成などがあります。営業スタッフが注文を受けてきた製品のストックの確認と納品の手配や納入時期の交渉もします。他にも営業アシスタントの仕事には、見積もりや請求書の作成、伝票処理などがあります。主に社内の各部署と連絡を取りながら行っていくのが、営業アシスタントのお仕事内容です。ワープロソフトや表計算を使いこなせる必要があります。様々な書類を作成することが多々あるからです。顧客からの電話を営業スタッフの代わりに受けることもよくあるでしょう。外出している営業スタッフが多いからです。言葉使いなども慎重に行えるスキルも大切です。仕事全体の状況や、扱う商品の知識をできるだけ把握しておくことが、営業アシスタントの仕事にとって大切です。そうすればスムーズに対応することができるのです。会社内の作業だけではなく、外出する機会もあります。顧客への届け物をしたり、営業スタッフのためのチケット手配などもするからです。その名の通り営業スタッフのアシスタントをするのが営業アシスタントのお仕事です。
98 パチンコ店でのアルバイト パチンコ店でのアルバイトは、バイトの求人誌でもよく見かけるメジャーなアルバイトです。30億円にも達する市場規模であるパチンコ店は巨大なレジャー産業といえるでしょう。今全国のパチンコ店の店舗数は15,000以上です。ピーク時に比べると参加人口は減少傾向にはありますが、他の業種に比べるとアルバイトの求人も多くあります。学生や体力に自信のある男性に人気があるのが、このパチンコ店でのアルバイトです。他のアルバイトに比べると時給も良いようです。時給や勤務時間は様々で、パチンコ店の店舗でそれそれの雰囲気によってバイトの内容ややりやすさもかなり違いがあります。アルバイトをパチンコ店でしたことがあっても、また別の店舗で仕事を始めれば違うことも多く戸惑う人も多いようです。アルバイトをパチンコ店でするといっても、時給や勤務時間、仕事内容は実に様々です。なかなか働く環境をアルバイト情報誌などから把握することはできないでしょう。仕事を効率よく探すためには、インターネットの求人サイトの中のパチンコ業界の仕事のみ募集をしているものや、パチンコ店のホームページのアルバイト募集に登録してみるのもひとつの方法です。地元のパチンコ店ならば実際に行ってみるのも良いでしょう。大音響の室内やタバコの煙がとれほどなのかを実感してみましょう。各店舗で、たばこの煙や騒音はかなり違いがあります。アルバイトをパチンコ店でしようと思ったら、現地の状況を確認するほうがよいでしょう。
99 webデザイン学校 昨今のインターネットの普及に従って、ホームページやブログは増加傾向にあります。これらを手がけるプロを養成するための学校がWebデザイン学校です。web業界は、今膨張を続けるインターネットの世界の影響で、慢性的に人手が足りない状態にあるのです。webデザイナーやwebエンジニアは、ホームページのデザインや設計を手がける仕事ですから、今後ますます注目される仕事でしょう。webデザイナーは非常にクリエイティブな職種で、デザインのセンスだけではなく、プログラムの知識も必要になります。確かな技術と知識を身につけることができれば、幅広い場所で活躍できる職種であるといえます。webデザイン学校で学べることはたくさんあります。グラフィックやデザインだけではなく、プログラミングやマーケティング理論も学ぶことができます。プログラマーやwebデザイナーへの就職を紹介してくれるwebデザイン学校もあります。またパソコン初心者向けの講座を行っている学校もあります。webデザイナーやwebエンジニアとして、一生ものの技術や知識を身につけることができるのが、このwebデザイン学校なのではないでしょうか。長時間通うことになるので、授業の中身をじっくり吟味しましょう。自分の求める学科、講座が見つかるまで、いろいろな学校を比較検討することをおすすめします。進路やキャリアについての相談窓口があるwebデザイン学校もあるようです。webデザイン学校の雰囲気を掴むために、カウンセリングを受けてみるのもひとつの方法ではないでしょうか。
## エキストラのバイトの注意点 いくつかの注意点はエキストラのバイトにはあります。エキストラのアルバイトをしていて、危険な目にあうことはほとんどないようです。ただしエキストラが撮影中の事故に巻き込まれるようなことが過去に無かったわけではないのです。エキストラのバイトの注意点として現地の環境は実際にアルバイトを行ってみなければわかりません。安定感のない大道具や機械類が雑然と置かれている屋内のスタジオや、足場の悪いセットなどの場合もあります。エキストラのバイトをする場合はある程度、注意しないとバイト中に事故やケガが起こりうることは間違いないでしょう。撮影のときは、実際の季節とは全く違う設定の撮影をすること珍しくないのが、エキストラのバイトです。真夏に長袖を着て撮影したり、真冬のさなかに夏のような薄着で長時間屋外で待機するようなことがあるのが、エキストラのバイトです。撮影環境に合わせて自分でいろいろと工夫し、エキストラのバイトでも、自分の健康は自分で管理するようにしましょう。足場の不安定な場所に立たされたり、大道具がぶつかりそうなタイミングで通行を指示されることがあります。これもエキストラのバイトで注意する点です。無理な行動をエキストラのバイトにさせてトラブルになったら、作品そのもに傷をつけるようなことになりかねません。はっきりとできないことは断りましょう。これもエキストラのバイトをする上で注意すべき点です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
通関士 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。