So-net無料ブログ作成
検索選択
求人・求職 ブログトップ

憧れの職業と就職と現実 [求人・求職]

憧れの職業

幼少期に憧れていた職業は、人によっては色々あります。

サッカーや野球などプロのスポーツ選手になりたいと、

小さい頃は考えていたという男の子は大勢います。

一方、女の子が憧れる職業の上位には、看護婦さんや保母さんなどの職業があるといいます。

最近とったアンケートによると小学生が憧れる職業は、男子の場合、1位はサッカー選手。

女の子はパティシエなんだとか。年齢が高くなるにつれて、

憧れの職業の内容も徐々に現実に即してきます。

中学生を超えると、まずスポーツ選手やパティシエといった華やかさのある職業は、

案外憧れの職業ランキングから消えていくもの。これらの職業に取って変わるのは、

自分にできそうな職業、興味を持てそうな職業、給料や待遇が良い職業が憧れの対象になります。

憧れの職業としては、医師や教師が人気があります。

子供の頃は漠然と教師、医師だったものが、年齢を重ねるに従って内科医師、

理科教師というように希望内容が限定されていきます。

実際、高校に進学する際には、文系と理系で進路が変わってきたりします。

大学入学時にはより細かく学科や学部が分かれ、受験の際には選ばなければなりません。

本当に憧れている職業が現実となるのか、

受験の頃にはおのずとある程度決まってくるようになります。

憧れの職業と就職


中学、高校になると、憧れの職業も華やかなものから現実性の高いものにシフトするものです。

本当にその仕事をするという前提で、憧れの職業を考えるようになります。

文系、理系と分かれる必要が出てくる高校生の時点では、

将来的にどんな職業につきたいかが徐々に明確になります。

就職は誰もがいずれ実際にやってくるものです。

ここ数年は就職氷河期と言われるほど就職難の時代です。

職業は憧れるものではなくなり、自分のできることや能力に合わせて、

どんな職業につくか、どのように就職活動を成功に導くかが重要になってくるものです。

例えば本当に自分が憧れている職業、やりたい職業にどこまでこだわるのか。

給料の高さを憧れより重視する人もいます。

どういう方向性で就職先を探すかも関係してきますので、

どんな働き方をしたいかははっきりさせておきましょう。

新卒者の就職動向を見る限りでは、

どの業種でも大手企業への就職を希望するという大学生が多く、

大企業への憧れが強いことが推測できます。比較的収入が安定しているメーカーや金融機関、

商社などは常に上位にランキングされていますし就職試験の倍率が高い職業でもあります。

近年は経済情勢の悪化も手伝って、公務員になりたいという人も多いようです。

安定した収入の職種や倒産しない会社という点で、

憧れる学生も多いというのが実際のところです。


憧れの職業と現実

憧れの職業に成人してからなれたという人がいることは事実ですが、

大抵の場合は憧れを形にするのは難しいものです。

幼少期は、可能不可能を問わず憧れで職業を希望しますが、

年齢を重ねるにつれその職業につけるかどうかも視野に入ってきます。

漠然と憧れてはいたものの、収入や仕事のありようが希望とずれていることがわかり、

他の職業を探すという人もいます。収入の面で見た場合、医師や弁護士は、

昔から憧れの職業として一定の人気があります。

しかし、希望通りに就職する人は一握りです。

背景には資格試験の難しさはもとより、近年では医師の場合、

きつい労働環境なども問題となっています。

労働環境や収入の面などで、現実と憧れのズレに直面する人もいます。

弁護士は高収入のイメージがありますが、人によって収入には差があります。

憧れの職業につきたくて様々な努力をしてきたものの、

なってみたら現実は憧れとは異なっていたということもあります。

経済状態が好調な時代、特にバブル経済期は求人数が圧倒的に多く、

採用内定を得ることは簡単なことだったとされています。

比較的憧れの職業に付ける人も多かったのですが、

ここ数年は自分の憧れはもはや二の次となっているようです。

就職に有利というだけで理系に進む学生も少なくありませんし、

大学入試でも理系学部を希望する人が増加しているといいます。

理系であればどんな職業にも就けるという訳ではありません。

職業に対する憧れと現実との差は、誰しも多かれ少なかれあるようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

主婦の仕事と家事 [求人・求職]

主婦の仕事と家事


主婦の仕事と家事について。ある有名どころのアニメシリーズに出てくる登場人物の主婦は、

主婦業を専門にしている女性が主です。

アニメに登場する母親格の女性キャラクターを一人思い浮かべて、

その人の職業を思い出してみましょう。

たいていのキャラクターは専業主婦で、特定の職業を持っていないと思います。

アニメーションの中の時代背景もあるかもしれませんが、

アニメーションの中の主婦は日本の多くの人達が描く理想像なのかもしれません。

女性が一家の母として、子や夫の世話をし、家の中の細々したことをしている様子は、

やはりいいものなのでしょうか。

しかし、今の日本のように、将来に不安を抱くようなことばかりが話題になっている現実社会では

なかなか出来ることではありません。

現に、働く女性で婚姻のために退職するという、寿退社の道を選ぶという人は減っています。

先々に備えて貯蓄が欲しいという考えが浸透してきていることもあるでしょうが、

労働力としての女性の価値が認識されるようになったこともあるでしょう。

共働き家庭が珍しくなくなってきてから、

家事や子育て夫婦で担当を決めて分け合って行う家が増えるようになりました。

それだけではなく、加工食品掃除機や洗濯機、

食器洗い機のような家事を肩代わりしてくれる電化製品が普及したことで、

家事労働が短縮傾向にあります。働く主婦の増加には、

このような事情も関係してきているといえます。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

外資系企業の転職で必要な英語力 [求人・求職]

外資系企業の転職で必要な英語

英語の語学力に自信がなく、

外資系企業に就職したいと思っているものの

腰がひけているという人は多いのではないでしょうか。

実のところ、ネイティヴスピーカーのように

英語が話せなくても大丈夫な企業はよくあるようです。

TOEIC700点以上を求人条件にしているところもありますが、

全てではありません。

外資系企業への転職といっても、

仕事の能力と英語の能力のどちらが重要かといったら

仕事の能力のほうが重要なのです。

そのため、外資系の会社に就職を希望する時は、

必ずしも語学堪能である必要はありません。

英語に自信がない人の中は、

書類関係がほとんど英語なのではないかと

恐れているかもしれません。

とはいえ、取りかかってみれば英語は

要所要所に繰り返し登場する記号のようなもので、

そこだけ覚えればいいということに気づくはずです。

外資系企業で働く人たちの語学力は、

平均するとTOEIC800点ほどです。

留学経験者、帰国子女は例外として除外していますが、

TOEIC800点ほどあれば、

十分仕事をしていけるということになります。

ですから外資系企業に転職してから

英語を勉強しても遅くはありません。

特に若い人の場合は、英語力なしで外資系企業に

転職することは不可能ではありません。

語学の勉強は、実際に外資系会社で働きながら

続けていっても間に合うでしょう。

とはいえ、語学力がないままで仕事を続けていくことは、

外資系企業ではいろいろ不便を来すかもしれません。

話せないよりは話せる方が絶対有利ですし、

外国への出張や対外折衝などを任され

出世しやすいだろうからです。

今英語があまりできなくて外資系企業への

転職を考えている人は今のうちから

英語を勉強して少しでも語学の

実力をつけておくことが大切でしょう。


外資系企業の転職に向いている人

外資系企業に転職したいという人はたくさんいますが、

自分がはたして外資系企業に向いているのかどうか

よく考える必要があります。

転職活動の成果が実って外資系企業に入社できたとして、

そこで自分が何をしたいのかがわかっていることが肝要です。

この外資系企業で何をやりたいのか、

そのためには今までどんなキャリアを積んできたのかということが

問われます。

外資系企業に転職した後は、

その外資系の会社で必要な能力を自分自身で

見につけていかなければなりません。

何から何まで教えてもらえるのはほんの最初だけ、

あとは自分で覚えるものです。

自分で努力して実力をつけていける人が、

外資系には向いています。多少の困難でもめげず、

目標に向かって邁進できる強い人は外資系企業の課す業務

を続けていくことができるはずです。

外資系で働いていると、

部署によっては明日からの唐突な海外出張などが入る

という展開も珍しくありません。

このように、外資系で働くには、

強靱な精神構造と体力が求められることがあるのです。

そして、金銭のために会社が存在し、

会社は社員のものでなく株主のものであるという

考えが外資系の物の見方です。

こういった考え方が好ましくないと思うのなら、

外資系企業に就職できても、

どこかにしこりが残るかもしれません。

転職先に外資系を選んでうまくいくという人は、

何事にも積極的に取り組み、

多少のことでは揺るがぬ意志力を有する人といえます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性の仕事市場 [求人・求職]

女性の仕事市場

女性の仕事市場について。

厚生労働省は最新の人口推計を基に試算した、

仕事市場の見通しを発表しています。

厚生労働省の発表によると、

2006年に6657万人だった労働人口は、

2030年には1070万人減少すると予測しています。

今後、日本の労働総数は減っていくわけですが、

そんな中で脚光を浴びているのが女性のマンパワーです。

働く人の人数は、2006年では女性が2,700万人、

男性が3,800万人です。

数自体は男性の方が多いですが。

前年と比べると男性は3万人減、女性は9万人増なのです。

結婚後も仕事を辞めずに働き続ける女性が増えており、

共働きを続ける人が増えたことから、

ここ3年は連続して女性の働き手は増え続けています。

女性の働く場所は、

一度退職するとなかなか再就職が難しいという特長もあります。

結婚や出産のために仕事を辞めた人は、

育児が一段落してからは働きづらいのです。

女性の仕事と家庭の両立が難しかった理由としては、

自分の体力が持たなかったという回答が半数以上を占めています。

もしも女性にとって働きやすい状況を整えることができるならば、

働く女性の数がぐっと増えて

経済も活発になっていくことでしょう。

男性が会社を立ち上げる場合、

一番多いのは55歳以上だそうです。

しかし、女性の場合は30代後半の企業が多く、

それ以後は少しずつ少なくなっていきます。

新たな事業を興す女性は、

育児に正面から取り組んでいるという人が多いようです。

子どもは育てたい、仕事は続けたい、

という悩みを抱えている人が多いことが特長です。

職を求めている人と、

過労環境で苦しんでいる人とが仕事を共有しあうことが可能なら、

仕事市場はよりよいものになり、

睡眠時間も確保でき労働時間を短くすることが

可能なのではないかと考えられています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

仕事の市場について「睡眠時間と仕事市場」 [求人・求職]

仕事の市場について

働く事・勤労・憲法によって定められている

国民の義務の1つでもある、

と仕事はある辞書で定義づけられています。

一方、商品としての財貨やサービスが交換され、

売買される場についての抽象的な概念・国内市場、国際市場等、

という言葉で市場という単語は定義づけられています。

つまり、職業に関わる需要と供給の状態を

仕事市場という言葉で表しています。

国内の仕事市場はどのようなものでしょう。

正社員に支払われる給与の低下が目立ち、

最近では賃金水準の見直しを要求する

労働者側の求めは盛んになっています。

正社員の賃金水準引き上げを約束した企業は、

2008年では約40%でした。

2006年度、2007年度から引き続き上昇していて、

ここ数年は賃金上昇圧力が高まっています。

仕事の市場を業界別に見ると、

製造業やサービス業が高水準でした。

不動産金融の分野では、

ベースアップを回答した会社はごく少数でした。

現在の仕事市場では、

賃金の上昇圧力が高まっていくに対応して

企業側が賃金をアップさせるようになっているようです。

対して、非正規雇用状態にいるアルバイト

契約社員といった方々は、

仕事市場ではどのような扱いを受けているのでしょうか。

2007年に比べてほんの少し増えはしたものの、

非正社員のベースアップをすると

回答した会社は2008年は2割程度です。

賃金引上げがないと回答した企業は4割を超えており、

正社員に比べるとかなり厳しい仕事市場

である事が浮き彫りとなっています。


睡眠時間と仕事市場

仕事市場の睡眠への影響についてです。

日本人の睡眠時間は、ここ20年間で短くなり続けていると

総務省の「社会生活基本調査」では述べられています。

就労時間の伸びは睡眠時間の減少と

反比例するように増えていますので、

眠る時間は短いのに労働時間が増えているということが

はっきりするようです。

現代の労務者たちの作業時間は一日平均6時間9分。

これは、5年前より10分長い数字です。

労働時間が延びた要因について企業に理由を聞いたところ、

しなければならない作業をするためには

定められた時間内では終わらないため、

というものが50%でした。

景気悪化による人員削減のため、

人手不足が長時間労働の要因になっているという

回答も2割あります。

企業の合理化による人員整理や、

新規採用を減少させたことで、

仕事に長時間かけることが常態化している会社もあります。

寝ずに働かなければならないほど忙しい人がいるにも関わらず、

他方ではいくら求職活動を続けても

働き手として採用されずにいるという人が存在しています。

このような状況を打開すべく、

多様就業型ワークシェアリングという試みが

厚生労働省の施策にあり、

睡眠時間の確保と労働時間の短縮を目標とされています。

しかし短時間正社員では、

顧客等の会社外部への対応で支障がある、

フルタイム正社員への仕事のしわ寄せがあります。

国内の仕事市場では、

このようなトラブルを抱え込んでいる状態といえるでしょう。

職を求めている人と、

過労環境で苦しんでいる人とが仕事を共有しあうことが可能なら、

仕事市場はよりよいものになり、

睡眠時間も確保でき労働時間を短くすることが

可能なのではないかと考えられています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

損害保険会社の事務資格 [求人・求職]


損害保険会社の事務資格

損害保険会社の事務仕事につくために必要な資格は、まず損害保険募集人資格です。

最も基本的な部分の損害保険会社についての資格です。

専門性が高くなると資格の種類がグレードアップしていくのです。

もしこの資格を持っていなくても、損害保険会社で事務業務につくことはできます。

損保会社は即戦力が欲しいために、採用条件に資格を必要としているところが多いようです。

損害保険の募集を行うためには資格が必須ということが保険業法276条によって定められています。

ということは事務として資格をもたずに損害保険会社に採用された後に、

会社の意向なので必ず資格試験を受けることになります。

以前は損保協会が損害保険会の事務の資格について行っていましたので、

資格そのものは各社共通でした。

ただ現在では資格試験を各社で行っています。

損害保険募集人資格以外の資格は各社ごとの商品が大きく異なってきているので

各会社でやるほうが良いのです。

事務の資格試験を損害保険会社で行う場合、

試験自体そんなに難しいものではありません。

毎日実際に損保事務の仕事をしていれば試験は難しくありません。

保険会社から送られてくるテキストを一読すれば合格できるくらいのものです。

かつては一度資格を取得すれば損害保険募集人資格はずっとそのままでした。

今では5年毎に繰り返し更新試験を受験すしなければならない、

5年ごとの更新制に制度が改正されています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

損害保険会社の事務仕事とスキル [求人・求職]

損害保険会社の事務仕事


損害保険会社やその代理店では事務処理全般を担当する仕事があります。

それが損害保険会社の事務の仕事です。

金融の自由化により損保業界も内容が多様化し、

事務的な部分でもスペシャリストが必要とされています。

一般事務より専業化した損保事務スキルを身につけることができれば、

損保会社の事務の仕事によって一層のスキルアップをはかることができるでしょう。

書類作成がまず第一の損害保険会社の事務の仕事です。

保険証書や、契約書、保険に関する見積書、申込書などの書類を作成するのです。

その他には損害保険の契約に伴う申込書、

変更書類の内容のチェックと専用システムへの入力などの処理業務、

保険加入の相談などの仕事もあります。

事務の仕事にはさらに保険料の清算や入出金の処理なども含まれます。

保険会社が出力した明細と、

契約者から領収した保険料を合わせてチェックするということも重要です。

事故の連絡を受付て保険会社への連絡をしたり、

顧客と電話等で直接相談しながら最適な保険を選択して見積書などを提出するのも事務の仕事です。

保険金請求書類等の送付・回収、クレーム対応なども損害保険会社の事務に含みます。

人と話す機会が事務というわりにはかなり多い仕事であるといえるでしょう。

システムが会社毎に異なる部分もあり、

一口に損保といっても障害保険、自動車保険、火災保険などの

保険の種類によって扱いが異なるために専門的な知識も必要です。

そのため、損保事務に特化した資格も整備されています。


損害保険会社の事務に必要なスキル

事務といっても損保についての広い知識が必要なのが、

損害保険会社の事務です。なぜなら損害保険業務のほとんどを扱う仕事だからです。

さらに常に学び続ける知識欲も損害保険会社の事務には必要なことです。

損保の内容は年々多様化しているからです。

迅速で的確な行動が取れるように保険についてはしっかりと頭に入れておかなくてはなりません。

直接電話対応をすることもあるからです。

そういう理由から損害保険会社が事務職を選考するときには、

今までの経験が重視されることが多いのです。

資格や経験の有無が採用時の条件になることも多いです。

損害保険会社の事務の仕事を探すうえで有利な資格は、

損害保険募集人資格、損害保険代理店資格などでしょう。

さらに電話による質問やクレームにしっかり対応したり、

ちょっとした気遣いや言葉遣いで相手の立場に立って行動できるような

コミュニケーションスキルも、損害保険会社の事務に必要なことです。

そのため損害保険会社の事務には専門的な知識や事務処理能力の他にも

基本的なビジネスマナーや会話力そのものが必要になります。

もうひとつの重要なスキルはパソコンです。

損害保険会社の事務には必要不可欠です。

損害保険会社の商品が多様化し、商品数自体も増加したことから

保険の見積もりを手計算で行うことは困難になりました。

ほとんどの損害保険会社では、コンピューター管理で見積書の作成や、

契約書の作成、更新などの事務の仕事を行っています。

ですからパソコンのスキルをアップさせておくことが、

損保業務をすすめるうえで重要なことだといえるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
求人・求職 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。