So-net無料ブログ作成
アルバイト ブログトップ

エキストラのバイトの注意点 [アルバイト]

エキストラのバイトの注意点

いくつかの注意点はエキストラのバイトにはあります。

エキストラのアルバイトをしていて、

危険な目にあうことはほとんどないようです。

ただしエキストラが撮影中の事故に巻き込まれるようなことが

過去に無かったわけではないのです。

エキストラのバイトの注意点として現地の環境は

実際にアルバイトを行ってみなければわかりません。

安定感のない大道具や機械類が雑然と置かれている

屋内のスタジオや、足場の悪いセットなどの場合もあります。

エキストラのバイトをする場合はある程度、

注意しないとバイト中に事故やケガが起こりうることは

間違いないでしょう。

撮影のときは、

実際の季節とは全く違う設定の撮影をすること珍しくないのが、

エキストラのバイトです。

真夏に長袖を着て撮影したり、

真冬のさなかに夏のような薄着で長時間屋外で

待機するようなことがあるのが、

エキストラのバイトです。

撮影環境に合わせて自分でいろいろと工夫し、

エキストラのバイトでも、

自分の健康は自分で管理するようにしましょう。

足場の不安定な場所に立たされたり、

大道具がぶつかりそうなタイミングで

通行を指示されることがあります。

これもエキストラのバイトで注意する点です。

無理な行動をエキストラのバイトにさせてトラブルになったら、

作品そのもに傷をつけるようなことになりかねません。

はっきりとできないことは断りましょう。

これもエキストラのバイトをする上で注意すべき点です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パチンコ店でのアルバイト [アルバイト]

パチンコ店でのアルバイト

パチンコ店でのアルバイトは、

バイトの求人誌でもよく見かけるメジャーなアルバイトです。

30億円にも達する市場規模であるパチンコ店は

巨大なレジャー産業といえるでしょう。

今全国のパチンコ店の店舗数は15,000以上です。

ピーク時に比べると参加人口は減少傾向にはありますが、

他の業種に比べるとアルバイトの求人も多くあります。

学生や体力に自信のある男性に人気があるのが、

このパチンコ店でのアルバイトです。

他のアルバイトに比べると時給も良いようです。

時給や勤務時間は様々で、

パチンコ店の店舗でそれそれの雰囲気によって

バイトの内容ややりやすさもかなり違いがあります。

アルバイトをパチンコ店でしたことがあっても、

また別の店舗で仕事を始めれば違うことも多く

戸惑う人も多いようです。

アルバイトをパチンコ店でするといっても、

時給や勤務時間、仕事内容は実に様々です。

なかなか働く環境をアルバイト情報誌などから

把握することはできないでしょう。

仕事を効率よく探すためには、

インターネットの求人サイトの中のパチンコ業界の

仕事のみ募集をしているものや、

パチンコ店のホームページのアルバイト募集に

登録してみるのもひとつの方法です。

地元のパチンコ店ならば実際に行ってみるのも良いでしょう。

大音響の室内やタバコの煙がとれほどなのかを

実感してみましょう。

各店舗で、たばこの煙や騒音はかなり違いがあります。

アルバイトをパチンコ店でしようと思ったら、

現地の状況を確認するほうがよいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

日雇いバイトを選ぶ理由メリットとデメリット [アルバイト]

日雇いバイトを選ぶ理由


年々日雇いバイトをする人が増えています。

では日雇いバイトを選ぶ理由にはどんなことがあるのでしょうか。

気持ちが楽な仕事ができるというのが、

日雇いバイトを選ぶ理由で一番多いもののようです。

仕事の内容よりも、

職場の人間関係が正社員の会社員など

企業に就職して仕事をするうえで一番多く出てくる問題なのです。

日雇いバイトに関しては、

職場の人間関係はほとんど無いようなものです。

人間関係によるストレスはほとんどありません。

ですから楽に仕事ができるのです。

仕事上責任をもつことがほとんど無いということが、

日雇いバイトを選ぶ理由としてあげられます。

長く同じ会社に勤務していると、

責任ある仕事を任されるようになります。

その責任の重さをストレスに感じる人もいるのです。

責任はほとんどないのが、日雇いバイトの仕事です。

その日限りの仕事だからです。

人間関係やわずらわしい仕事で悩むことはほとんどありません。

日雇いのシステムが派遣会社によって普及していることも、

日雇いバイトが選ばれる理由として考えられます。

派遣会社に登録すると、

次の日から簡単に仕事ができる仕組みになっているのです。

携帯電話で簡単に日雇いバイトの情報を

入手できるようになっているのです。

仕事の内容や職場の人間関係のわずらわしさが無い

手軽な日雇いバイトは今後も選ばれていくのではないでしょうか。


引越しのアルバイトのメリットとデメリット


引越しのアルバイトのメリットをご紹介しましょう。

最大の引っ越しのアルバイトのメリットは高収入ということです。

引っ越しのアルバイトの大変魅力的な賃金は、

日給8000円から10000円とかなり高いものです。

引越しのアルバイトは

高校生でも簡単にアルバイトすることが出来ます。

体力に自信さえあればたくさん稼げるのが引越しのアルバイトです。

引っ越しのアルバイトは学生にとって大変便利なバイトです。

週によって出勤できる日数がバラバラでも

雇用してもらえるからです。

引っ越しのアルバイトはアルバイト

初日からかなりの体力を要求されるでしょう。

体育会系で長時間の稼動に自信がある場合は

とても良いアルバイトです。

体力に自信のない人にとっては引っ越しのアルバイトは

もちろん論外であり、

これが引っ越しアルバイトのデメリットだともいえます。

引っ越しのアルバイトは、

少しの体力を過信してアルバイトを始めて、

怪我をしてしまう人がいます。

また体力に自信があっても体を痛めるケースが多々あります。

引越し先や働く環境によって違いますので

全てがそうとは限らないのですが、

引越しのアルバイトをする場合は慎重に選びたいものです。

引越しのアルバイトは荷物だけでなく、

お客様が住んでいた家、新しい住居も商品となりますので、

力仕事だけでなく、慎重に気を使うことも重要なアルバイトです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新聞配達は辛いアルバイト [アルバイト]

新聞配達は辛いアルバイト

体力勝負の肉体労働で、非常に体力を使うのが、新聞配達のアルバイトです。

軽い気持ちで新聞配達のアルバイトはできるものではありません。

このアルバイトは続けることができなければ意味がないので、

あらかじめ自分に向いているかどうかよく考えることをおすすめします。

何よりも朝が弱い人、寝坊しがちな人は難しいでしょう。

新聞配達のアルバイトは朝が早いアルバイトだからです。

当然の休みなどは取るのが難しいようです。

昔に比べれば取りやすくはなっていますが、配達エリアの分担が決まっているのがその理由です。

新聞配達のアルバイトは、雨の日や雪の日はもちろん、

台風や災害時、お正月やGWやお盆などにも

新聞の配達はありますので休むということはできないのです。

広告の多い週末や、悪天候の日のバイトは特にとても大変です。

一つ一つは軽くても、大量の新聞を配達するので想像以上に運ぶのが大変です。

体力が必要なのがこの新聞配達のアルバイトです。

荷台に積んだ新聞を毎日のようにひたすら何件も配るのです。

団地などの新聞配達は階段の上り下りをします。

ですから余計に体力を使うのでしょう。

たくさん汗をかく気温の高い日が続く季節は、水分補給をしなければなりません。

新聞配達の時間がいつもより多くかかることになるのが、寒い日の早朝です。

まだ暗く、路面凍結の危険もあるからなのです。


9
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

日雇いバイトとネットカフェ難民 [アルバイト]

日雇いバイトとネットカフェ難民


日雇いバイトとネットカフェ難民には深い関係があるようです。

24時間営業のネットカフェや漫画喫茶を生活の場としている人たちがいます。

これまで暮らしていた実家やアパートを家賃滞納や

家庭の事情などによって出てきた人が多いようです。

俗に言うネットカフェ難民とはこのようにネットカフェで生活をしながら

朝になると日雇いアルバイトに行き暮らしているのです。

一般的に働く意思を持たない路上生活者とは対照的に、

ネットカフェ難民は働く意思を持っています。

2007年時点で推計され発表されたネットカフェ難民の数は5400人にものぼります。

50歳代から30歳代といった幅広い年齢層にネットカフェ難民がいるようで、

驚くことに女性も4割ほどいるようなのです。

雇用形態はネットカフェ難民の場合非正規雇用がほとんどです。

日雇い派遣の仕事では、

定期的に家賃・光熱費などの数万円のお金がまとまって収入として入ることがまずありません。

毎日仕事があるとは限らない上に、

日払いの家賃がその日暮らしを維持することに使われるのが日雇いのアルバイトなのです。

ネットカフェでは、ナイトパックで深夜の滞在が安価で、

店内にあるシャワーを使い、あくまで最低限の生活を維持していくことができます。

ネットカフェ難民は口座を開設できません。

住所を持っていないからです。

月々まとまった給与が捻出できないので、

必然的にその日暮らしとなり、

そのため社会的に不都合な部分があまりにも多すぎることになります。

日雇いバイトの職種


日雇いバイトの職種は、


作業系では倉庫内作業では仕分け、荷物搬入・搬出、梱包、

積み下ろし、製本補助、移転、検品、ピッキング、ラベル貼り、製造ライン作業、

PC設置、イベント設営、建設現場などです。

日雇いアルバイトの中でも事務系の職種もあります。

テレマーケティングやファイリング、データ入力などです。

これらのアルバイトの情報はインターネットで得ることができます。

「アルバイト情報」「日雇い」などの単語で検索してみましょう。

すぐに見つけることができるに違いありません。

雑誌と違ってスペース制限がインターネット上にはありません。

ですからより詳しい日雇いバイトの情報を得ることができるでしょう。

アルバイトを日雇いでしてみたいと思ったらまず応募先である派遣会社の登録会へ出向きます。

そして説明会で説明を聞き、

問題がなければそのまま日雇バイトのスタッフとして登録しましょう。

その後、日雇いバイトの仕事が派遣会社から紹介されます。

そこで自分の働きたい職種の日雇いバイトを選択し、

前日の夜には電話で確認が入ります。

当日の朝も、派遣会社に出勤の確認の電話を入れます。

決められた派遣先の日雇いバイトの場所に集合し、仕事をします。

就業証明書とサインを仕事の終了後に派遣先担当者からもらいます。

派遣会社に行って、そのサインをもらった就業証明書を渡し、

それと引き換えに日雇いアルバイトの給料が支払われます。

日雇いバイトは、派遣会社によって若干違いがあるかもしれませんが、

大体このような流れになっています。

やったことのない仕事を不慣れな環境下ですることは大変かもしれません。

日雇いバイトはすべてが当日作業になるからです。


9
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

エキストラのバイトの魅力と申し込み方 [アルバイト]

エキストラのバイトの魅力


いつもとはちょっと違った体験ができるのがエキストラのバイトです。


自分がまったく触れたことの無い世界を除いてみたいとか、


経験のないことにチャレンジしたいという希望をもって

アルバイトをする人も多いのではないでしょうか。

アルバイトを選ぶ条件として面白そうなバイトを体験できるなら

給料はそれほど求めないという人におすすめなのがエキストラのアルバイトです。

テレビのドラマや映画のその他大勢、群集や通行人の役として出演する人がエキストラです。

エキストラはいわば背景のようなものですが、

背景がしっかりしていないと嘘っぽくなり、

作品の質を落とすことにも繋がります。

エキストラはボランティアや内部スタッフで賄うこともありますが、

プロダクションの登録制、募集制のバイトとしても一般的です。

バラエティ番組などでは笑い声だけの参加というエキストラのバイトもあります。

特別な技術は必要ないのがエキストラのアルバイトです。

元々素人なのですから、多少ぎこちない動きを指導されるかも知れませんが、

気にすることはありません。

金銭を目的とするよりも、芸能人を間近で目撃できたり、

テレビや映画の撮影の雰囲気を味わうなど、

エキストラのアルバイトは滅多にない機会を楽しめるものだといえます。

いろいろな年齢層の人がバイト仲間として登録しています。

仕事をとおして普段触れ合う機会のない人たちと出会えるかもしれませんね。


エキストラバイトの申し込み方



エキストラのアルバイトは専門のプロダクション等のエキストラ派遣会社等に登録する

登録制のものが一般的です。

各派遣会社によって登録の仕方や仕事の詳細は多少違ってきます。

会社に希望日前日に電話をかけ、

プロフィールに見合った仕事があるかどうか問い合わせて紹介してもらう仕組みです。

スケジュールの都合に合わせて仕事を紹介してもらえます。

だからといっていつも自分の都合に合ったエキストラのアルバイトがあるとは限りません。

20代後半から30代の男性の需要がエキストラのバイトの中では一番あるそうです。

本業が忙しいカテゴリの人たちなので、エキストラのバイトをスポット的にする人が少ないからです。

制作元の撮影スケジュールはギリギリまで決まっていないことが多いため、

エキストラのバイトのスケジュールが本当に直前まで決まらないこともよくあるようです。

基本的には早い者勝ちでエキストラのバイトの仕事は決まっていきます。

撮影スケジュールがピークの時期などにはなかなか人数が集まらないことが多いようです。

そのため急に「明日きてもらえるか」

「今日の夜はどうか」などと急遽バイトを頼まれることもあります。

たまにドラマや映画などはバイト情報誌や公式ホームページで

エキストラのアルバイト情報を出している場合もあります。

そいういうエキストラ募集もあるのです。

特定のドラマや映画が好きでそのエキストラをやりたい人は

直接求人募集などを確認したほうがよいことがあります。


エキストラのバイトの拘束時間


一定した拘束時間ではないのがエキストラのアルバイトです。

アルバイトの報酬はエキストラの場合1回の仕事ごとに発生するものです。

撮影に時間がかかり長い間拘束されることもあれば、

あっという間に終ってしまうこともあり、

どちらの場合でもアルバイト代は同じです。

エキストラのアルバイト1回でかかる時間は早いもので3時間程度、

長い場合では10時間を超えることもありますが、

だいたい5時間前後が普通です。

けれどエキストラのアルバイトの拘束時間はほとんとが待機している時間です。

実際撮影にかかる時間はそれほど長くないのです。

空いた時間を潰せるように、本やゲームを持参するのもひとつの方法です。

たまにエキストラの出番がないままで終ることもあります。

エキストラのバイトは長い時間待っていても撮影にお呼びがかからないこともあるのです。

天候の問題で予定していたシーンが撮影できなかったり、

エキストラを使うつもりだった予定を変更し使わないことにする時などです。

撮影に参加しなくても拘束されればアルバイト代は支払われます。

また画面に顔がはっきりと映らなければ同じ作品にエキストラとして参加することも可能です。

同じ作品には顔がはっきり映ってしまうと呼ばれにくくなるかもしれません。

エキストラのアルバイトは出番が無いほうが考えようによっては得なのかもしれません。

けれどその作品に少しでも映ることそのものが目的で、

バイト代は二の次という人は少し残念な思いをしてしまうかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
アルバイト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。