So-net無料ブログ作成
検索選択

面接の対策と種類と準備と心構えについて [就職]

面接の対策について



いざ面接の場では、何かアドバイスが誰でも緊張しがちで欲しくなるものです。


頭が人によっては真っ白になり、どうしていいか分からなくなる人もいるでしょう。

緊張対策を面接時にする場合にはどんなアドバイスがあるでしょう。

大勢の前で話す時の緊張をほぐすアドバイスとしては、失敗しても死ぬ様なことは無いと考えること。

入念に準備を前もってしておくことも重要です。

緊張しない面接の対策には、模擬面接などで経験を積んでおくこともおすすめです。

1対1の面接で話をする場合、面接官の良いところを見つけて相手を好きになることや

、笑顔を作ることなどがアドバイスとして挙げられます。

自分を面接だからといって良く見せようと思わないというのは、心構えとして大切です。

自分をありのままで見てもらうという心構えでいれば、緊張が面接でも和らぐのではないでしょうか。

余計に緊張するのは、普段使ったことのない言葉を無理に使おうとしたり、

いつもと違う自分になろうとすることです。

相手に見られていると思うと緊張が一層高まる人もいます。

アドバイスには、緊張が今は面接官の人と話をしているのだという気持ちで

受けることで緩和されるというものもあります。

人によっては、過去に経験したもっとも恥ずかしい出来事を思い出すことで、

面接なんて大したことはないというリラックスした気持ちになれるというアドバイスもあります。


面接の種類


必ずといっていいほど就職活動では、面接を経験しなければなりません。

ペーパーテスト書類審査がない会社でも、採用の決定は面接なしではあり得ません。

実際の面接には、方法がいくつかあります。

前もって伝えられている場合もありますし、当日まで面接の形式がわからないこともあるでしょう。

それぞれに異なる対策が必要です。最も主流となる方法が個人面接です。

会社側は1人~複数人数で、就職希望者1人に対し行います。

自己アピールや質疑応答を、じかにコミュニケーションをはかりながらする形が個人面接です。

比較的リラックスできる形式ですから、緊張しすぎないこと、会話を楽しむ気構えなども大事です。

集団面接を行う場合には、就職希望者も会社側も複数人数です。

たくさんの人がいるので、一人一人への質問時間が短くなるのは当然のことといえます。

就職がすぐに決まるのではなく、この形式が多いのは一次面接や二次面接です。

会社側にとってのメリットは、応募者同士の比較がしやすいということです。

近頃よく行われている面接形式が、グループディスカッションというものです。

5人~10人の応募者で、特定のテーマに関しての議論を行います。

論理的思考力や全体との協調性がはかられますので、

自分の意見を言えばいいというものではありません。

いずれの面接形式でも、自己アピールの場であることを心に留めて就職目指して取り組んでください。


面接の準備


無事に就職先を決めるために、面接は避けて通ることのできない山だといえます。

準備もおろそかになってしまいがちなのが、何度も就職面接を受けている場合です。

何が面接の準備には必要か、いつも心がけておくべきではないでしょうか。

就職のための面接でおさえるべきことの確認です。

簡単に自分のこれまでの経歴を説明できるようにしておくことが大切です。

志望動機や転職理由、希望職種などの内容に一貫性を持たせ、

自分がどんな人物かを相手にわかりやすく伝えられるようにしておきましょう。

答えをそれぞれの質問を想定して書き出してみてチェックしておきたいのは、

それぞれの内容に面接を受ける会社の求める人材像に近いか、

ネガティブな内容が含まれていないか、齟齬はないかということです。

実際に面接に行く前に確認したいのは、身だしなみです。

確認したいのは、しみやほつれはスーツやズボンにはないか、

清潔感が出ているか、髪型や爪はだらしない状態になっていないか、

靴は磨いてあるかなどの項目です。

時には直前の準備では間に合わないものもあります。

緊張せず自分を出すためにも、余裕を持って準備を整えることが就職活動では重要です。

忘れ物がないようあらかじめ、当日持っていくものは確認したほうが良いでしょう。

就職活動に必須の履歴書や職務経歴書などの書類のほか、

時計や筆記用具、現地への地図なども就職の面接には重要です。


面接の心構え



最も就職活動で重要な目的は、面接を成功させることだといえます。

就職するためには、完璧な履歴書を仕上げていても、企業研究が万全だったとしても、

面接がうまくできなければ意味がないといえます。

いつも面接では全力を尽くさなければなりません。

面接の場に向かう前に、まず身だしなみをきちんとチェックし、

携帯電話の電源を切るなどの基本的なことは必ず行いましょう。

就職では大事なポイントとなるのが、社会人として必須のマナーを身につけているかどうかです。

入退室の動作や椅子の座り方まで、一つ一つの動作に気を抜かないことです。

緊張しすぎるとうまく出せないことがあるのが、いつもの自分です。

物怖じしすぎない方法や、

自分なりのリラックス方法を見つけておくことも大事な面接時のポイントではないでしょうか。

信用を採用担当者から得ることは、大事な面接のポイントです。

疑わしい点が少しでもあれば、採用を相手は躊躇してしまうに違いありません。

面接中に質問をする場合には、簡潔な内容にする事を心がけ、

効果的なタイミングと質問内容を意識しましょう。

質問は効果的に、採用担当者とのコミュニケーションの軸としても役立つものです。

陰気な雰囲気を持つ人は就職では不利に働くことがあります。

就職の面接ではできるだけ明るく、元気よく話すことも大事です。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。