So-net無料ブログ作成
検索選択

憧れの職業と就職と現実 [求人・求職]

憧れの職業

幼少期に憧れていた職業は、人によっては色々あります。

サッカーや野球などプロのスポーツ選手になりたいと、

小さい頃は考えていたという男の子は大勢います。

一方、女の子が憧れる職業の上位には、看護婦さんや保母さんなどの職業があるといいます。

最近とったアンケートによると小学生が憧れる職業は、男子の場合、1位はサッカー選手。

女の子はパティシエなんだとか。年齢が高くなるにつれて、

憧れの職業の内容も徐々に現実に即してきます。

中学生を超えると、まずスポーツ選手やパティシエといった華やかさのある職業は、

案外憧れの職業ランキングから消えていくもの。これらの職業に取って変わるのは、

自分にできそうな職業、興味を持てそうな職業、給料や待遇が良い職業が憧れの対象になります。

憧れの職業としては、医師や教師が人気があります。

子供の頃は漠然と教師、医師だったものが、年齢を重ねるに従って内科医師、

理科教師というように希望内容が限定されていきます。

実際、高校に進学する際には、文系と理系で進路が変わってきたりします。

大学入学時にはより細かく学科や学部が分かれ、受験の際には選ばなければなりません。

本当に憧れている職業が現実となるのか、

受験の頃にはおのずとある程度決まってくるようになります。

憧れの職業と就職


中学、高校になると、憧れの職業も華やかなものから現実性の高いものにシフトするものです。

本当にその仕事をするという前提で、憧れの職業を考えるようになります。

文系、理系と分かれる必要が出てくる高校生の時点では、

将来的にどんな職業につきたいかが徐々に明確になります。

就職は誰もがいずれ実際にやってくるものです。

ここ数年は就職氷河期と言われるほど就職難の時代です。

職業は憧れるものではなくなり、自分のできることや能力に合わせて、

どんな職業につくか、どのように就職活動を成功に導くかが重要になってくるものです。

例えば本当に自分が憧れている職業、やりたい職業にどこまでこだわるのか。

給料の高さを憧れより重視する人もいます。

どういう方向性で就職先を探すかも関係してきますので、

どんな働き方をしたいかははっきりさせておきましょう。

新卒者の就職動向を見る限りでは、

どの業種でも大手企業への就職を希望するという大学生が多く、

大企業への憧れが強いことが推測できます。比較的収入が安定しているメーカーや金融機関、

商社などは常に上位にランキングされていますし就職試験の倍率が高い職業でもあります。

近年は経済情勢の悪化も手伝って、公務員になりたいという人も多いようです。

安定した収入の職種や倒産しない会社という点で、

憧れる学生も多いというのが実際のところです。


憧れの職業と現実

憧れの職業に成人してからなれたという人がいることは事実ですが、

大抵の場合は憧れを形にするのは難しいものです。

幼少期は、可能不可能を問わず憧れで職業を希望しますが、

年齢を重ねるにつれその職業につけるかどうかも視野に入ってきます。

漠然と憧れてはいたものの、収入や仕事のありようが希望とずれていることがわかり、

他の職業を探すという人もいます。収入の面で見た場合、医師や弁護士は、

昔から憧れの職業として一定の人気があります。

しかし、希望通りに就職する人は一握りです。

背景には資格試験の難しさはもとより、近年では医師の場合、

きつい労働環境なども問題となっています。

労働環境や収入の面などで、現実と憧れのズレに直面する人もいます。

弁護士は高収入のイメージがありますが、人によって収入には差があります。

憧れの職業につきたくて様々な努力をしてきたものの、

なってみたら現実は憧れとは異なっていたということもあります。

経済状態が好調な時代、特にバブル経済期は求人数が圧倒的に多く、

採用内定を得ることは簡単なことだったとされています。

比較的憧れの職業に付ける人も多かったのですが、

ここ数年は自分の憧れはもはや二の次となっているようです。

就職に有利というだけで理系に進む学生も少なくありませんし、

大学入試でも理系学部を希望する人が増加しているといいます。

理系であればどんな職業にも就けるという訳ではありません。

職業に対する憧れと現実との差は、誰しも多かれ少なかれあるようです。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。