So-net無料ブログ作成
検索選択

フリーターの就職観 [フリーター]

フリーター就職


フリーターは、景気の低迷が続く現代でも減少の兆しが見えません。

フリーターの就職観はどんな内容でしょうか。

フリーターといっても、どんな事情があり、どんな就職観でフリーターになったかは人それぞれです。

フレーターといえば、社会の制約から脱して

自由な生き方をしている人と思われることが多いようです。

とはいえ、フリーター本人へのリサーチを行うと、予想と違う回答が得られることがあります。

フリーターである理由が、夢や目標を実現するためという人もいます。

フリーターであることが、強い意思の現れであるといえる方もいるわけです。

就職とは自分のやりたい仕事を見極め実現できそうな企業を選択することだと

語る人も少なくないのです。

実現不可能な目標にいつまでも固執するのは、結果的に良くない場合もあります。

例えば、語学を専攻し、留学もしている人が、英語以外の職業につきたくないとします。

けれども希望の企業に入れないからと、働かないというわけにはいきません。

事実、日本国内でそういった職業を探すことは困難であり、

就職観の偏りが就職をしづらくすることもあります。

フリーターとして働く人の中には、就職観が強くて妥協ができず、

就職先が決まらないこともあります。夢や理想が強すぎて、

就職がかえって難しくなってしまっている人もいます。

気づけば随分長くフリーターをしているという人は、一度自分の就職観を考え直し、

これでいいのか改めてチェックしてもいいでしょう。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。