So-net無料ブログ作成
検索選択

女性の転職と資格「転職に有利な女性と不利な女性」 [転職]

女性の転職


女性の転職についてです。

ここ数年は新卒予定者を中心に、希望の就職はかなり難しいと言われています。

男性と比較すると、女性の方が転職活動先を見つけづらいようです。

結婚や出産、育児や介護など、女性の場合は様々な理由で働き続けられなくなることがあります。

出産や育児が一段落し、職場復帰を果たそうとしても、転職先がないということもあります。

特に中年女性の転職はなかなか厳しい現実があります。

ただし、若い頃から資格や技術を生かした仕事を続けていたという人であれば、

一定年齢になっても転職先を探すことができるでしょう。

同じように実務経験を武器にしてステップアップしていく女性もいます。

どうして転職をしたいのかは、1人1人の条件によります。

もしも、現在の仕事をやめたくて次の仕事を探すのであれば、

次の転職先に望むことは何かを十分に検討することが重要です。

今の職場が、性差によって態度が違うという点が我慢できないというなら、

次の職場はそういった問題がないところがが条件です。

女性の転職は男性よりも年齢や生活環境によってかなり違いが出てくるので注意が必要です。

転職を望んでいても、女性は年齢や家族環境、

子供の人数や年齢によって会社からは即戦力と認められないということがあるようです。

女性の転職と資格


転職に役に立つ資格を取っていることで、女性は転職しやすくなります。

経済情勢が不透明な現代でも、就職活動を有利にするのは資格です。

国家資格を持っていると、転職では有利になるでしょう。

可能性を広げることができるといえます。

資格があることで様々な手当てがつき、収入の面でも優遇されることがあります。

女性の中には、退職後の転職先を探すことができない人もいます。

転職活動をしながら資格取得に励むことによって、就職の機会も増やせます。

薬剤師や保育士、看護師の資格を取ることで、女性は転職を有利に進めることができるといいます。

社会人になる前に、進路を決める時に資格を取得することを考えるのもよいやり方です。

例えば薬剤師の場合、薬学部を卒業する必要がありますが、資格を生かして働く女性も大勢います。

特に最近はドラッグストアにパートとして働くケースが多く、

時給も高いので出産後の再就職先や転職先としてもおすすめです。

実務経験を活かした資格の場合は、即戦力としての付加価値が高まるので、

転職の際にもとても有利です。日商簿記1級を持ち、

なおかつ経理の経験があるという女性であれば、

経理で働ける人を探している会社への転職可能性を高めることができます。


転職に有利な女性と不利な女性


転職の有利不利は女性の場合何で決まるでしょう。

男女雇用機会均等法が施行された後、働く女性の数はどんどん増え続けています。

けれども、男性と比較するとやはり女性は転職や就職が難しい面があると言われています。

転職市場は、景気悪化の関係もあって苦しいし状況です。

一度は仕事を退いた女性が転職先を決めるには、有力な資格を持っていたり、

経験を持っていることが望まれることが多いといいます。

男性と異なり、女性は出産や子育てなどのために仕事をやめざるをえないことがあります。

そのため、再就職に大変な思いをする人は少なくありません。

特に子供が小さければ、残業などができません。

企業からすれば、休みを頻繁に取り、

土日は出勤しないといった条件がある女性を採用するのはためらう傾向があります。

反対に、経験と実践のある女性が転職先を探すという場合も、

男性社員との関係性を重視して待遇に問題が出る場合もあるといいます。

女性を働き手を求める職業としては、介護や育児の技術を生かしたものが多いといいます。

ヘルパーや調理師などに興味がある人は一度考えてみるのもおすすめです。

女性の転職は専門分野ほど有利に働くので、

新たに資格を取ったりパートなどから始めて、コツコツ実務経験を重ねていくのもいいでしょう。





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。