So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

面接の対策と種類と準備と心構えについて [就職]

面接の対策について



いざ面接の場では、何かアドバイスが誰でも緊張しがちで欲しくなるものです。


頭が人によっては真っ白になり、どうしていいか分からなくなる人もいるでしょう。

緊張対策を面接時にする場合にはどんなアドバイスがあるでしょう。

大勢の前で話す時の緊張をほぐすアドバイスとしては、失敗しても死ぬ様なことは無いと考えること。

入念に準備を前もってしておくことも重要です。

緊張しない面接の対策には、模擬面接などで経験を積んでおくこともおすすめです。

1対1の面接で話をする場合、面接官の良いところを見つけて相手を好きになることや

、笑顔を作ることなどがアドバイスとして挙げられます。

自分を面接だからといって良く見せようと思わないというのは、心構えとして大切です。

自分をありのままで見てもらうという心構えでいれば、緊張が面接でも和らぐのではないでしょうか。

余計に緊張するのは、普段使ったことのない言葉を無理に使おうとしたり、

いつもと違う自分になろうとすることです。

相手に見られていると思うと緊張が一層高まる人もいます。

アドバイスには、緊張が今は面接官の人と話をしているのだという気持ちで

受けることで緩和されるというものもあります。

人によっては、過去に経験したもっとも恥ずかしい出来事を思い出すことで、

面接なんて大したことはないというリラックスした気持ちになれるというアドバイスもあります。


面接の種類


必ずといっていいほど就職活動では、面接を経験しなければなりません。

ペーパーテスト書類審査がない会社でも、採用の決定は面接なしではあり得ません。

実際の面接には、方法がいくつかあります。

前もって伝えられている場合もありますし、当日まで面接の形式がわからないこともあるでしょう。

それぞれに異なる対策が必要です。最も主流となる方法が個人面接です。

会社側は1人~複数人数で、就職希望者1人に対し行います。

自己アピールや質疑応答を、じかにコミュニケーションをはかりながらする形が個人面接です。

比較的リラックスできる形式ですから、緊張しすぎないこと、会話を楽しむ気構えなども大事です。

集団面接を行う場合には、就職希望者も会社側も複数人数です。

たくさんの人がいるので、一人一人への質問時間が短くなるのは当然のことといえます。

就職がすぐに決まるのではなく、この形式が多いのは一次面接や二次面接です。

会社側にとってのメリットは、応募者同士の比較がしやすいということです。

近頃よく行われている面接形式が、グループディスカッションというものです。

5人~10人の応募者で、特定のテーマに関しての議論を行います。

論理的思考力や全体との協調性がはかられますので、

自分の意見を言えばいいというものではありません。

いずれの面接形式でも、自己アピールの場であることを心に留めて就職目指して取り組んでください。


面接の準備


無事に就職先を決めるために、面接は避けて通ることのできない山だといえます。

準備もおろそかになってしまいがちなのが、何度も就職面接を受けている場合です。

何が面接の準備には必要か、いつも心がけておくべきではないでしょうか。

就職のための面接でおさえるべきことの確認です。

簡単に自分のこれまでの経歴を説明できるようにしておくことが大切です。

志望動機や転職理由、希望職種などの内容に一貫性を持たせ、

自分がどんな人物かを相手にわかりやすく伝えられるようにしておきましょう。

答えをそれぞれの質問を想定して書き出してみてチェックしておきたいのは、

それぞれの内容に面接を受ける会社の求める人材像に近いか、

ネガティブな内容が含まれていないか、齟齬はないかということです。

実際に面接に行く前に確認したいのは、身だしなみです。

確認したいのは、しみやほつれはスーツやズボンにはないか、

清潔感が出ているか、髪型や爪はだらしない状態になっていないか、

靴は磨いてあるかなどの項目です。

時には直前の準備では間に合わないものもあります。

緊張せず自分を出すためにも、余裕を持って準備を整えることが就職活動では重要です。

忘れ物がないようあらかじめ、当日持っていくものは確認したほうが良いでしょう。

就職活動に必須の履歴書や職務経歴書などの書類のほか、

時計や筆記用具、現地への地図なども就職の面接には重要です。


面接の心構え



最も就職活動で重要な目的は、面接を成功させることだといえます。

就職するためには、完璧な履歴書を仕上げていても、企業研究が万全だったとしても、

面接がうまくできなければ意味がないといえます。

いつも面接では全力を尽くさなければなりません。

面接の場に向かう前に、まず身だしなみをきちんとチェックし、

携帯電話の電源を切るなどの基本的なことは必ず行いましょう。

就職では大事なポイントとなるのが、社会人として必須のマナーを身につけているかどうかです。

入退室の動作や椅子の座り方まで、一つ一つの動作に気を抜かないことです。

緊張しすぎるとうまく出せないことがあるのが、いつもの自分です。

物怖じしすぎない方法や、

自分なりのリラックス方法を見つけておくことも大事な面接時のポイントではないでしょうか。

信用を採用担当者から得ることは、大事な面接のポイントです。

疑わしい点が少しでもあれば、採用を相手は躊躇してしまうに違いありません。

面接中に質問をする場合には、簡潔な内容にする事を心がけ、

効果的なタイミングと質問内容を意識しましょう。

質問は効果的に、採用担当者とのコミュニケーションの軸としても役立つものです。

陰気な雰囲気を持つ人は就職では不利に働くことがあります。

就職の面接ではできるだけ明るく、元気よく話すことも大事です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

憧れの職業と就職と現実 [求人・求職]

憧れの職業

幼少期に憧れていた職業は、人によっては色々あります。

サッカーや野球などプロのスポーツ選手になりたいと、

小さい頃は考えていたという男の子は大勢います。

一方、女の子が憧れる職業の上位には、看護婦さんや保母さんなどの職業があるといいます。

最近とったアンケートによると小学生が憧れる職業は、男子の場合、1位はサッカー選手。

女の子はパティシエなんだとか。年齢が高くなるにつれて、

憧れの職業の内容も徐々に現実に即してきます。

中学生を超えると、まずスポーツ選手やパティシエといった華やかさのある職業は、

案外憧れの職業ランキングから消えていくもの。これらの職業に取って変わるのは、

自分にできそうな職業、興味を持てそうな職業、給料や待遇が良い職業が憧れの対象になります。

憧れの職業としては、医師や教師が人気があります。

子供の頃は漠然と教師、医師だったものが、年齢を重ねるに従って内科医師、

理科教師というように希望内容が限定されていきます。

実際、高校に進学する際には、文系と理系で進路が変わってきたりします。

大学入学時にはより細かく学科や学部が分かれ、受験の際には選ばなければなりません。

本当に憧れている職業が現実となるのか、

受験の頃にはおのずとある程度決まってくるようになります。

憧れの職業と就職


中学、高校になると、憧れの職業も華やかなものから現実性の高いものにシフトするものです。

本当にその仕事をするという前提で、憧れの職業を考えるようになります。

文系、理系と分かれる必要が出てくる高校生の時点では、

将来的にどんな職業につきたいかが徐々に明確になります。

就職は誰もがいずれ実際にやってくるものです。

ここ数年は就職氷河期と言われるほど就職難の時代です。

職業は憧れるものではなくなり、自分のできることや能力に合わせて、

どんな職業につくか、どのように就職活動を成功に導くかが重要になってくるものです。

例えば本当に自分が憧れている職業、やりたい職業にどこまでこだわるのか。

給料の高さを憧れより重視する人もいます。

どういう方向性で就職先を探すかも関係してきますので、

どんな働き方をしたいかははっきりさせておきましょう。

新卒者の就職動向を見る限りでは、

どの業種でも大手企業への就職を希望するという大学生が多く、

大企業への憧れが強いことが推測できます。比較的収入が安定しているメーカーや金融機関、

商社などは常に上位にランキングされていますし就職試験の倍率が高い職業でもあります。

近年は経済情勢の悪化も手伝って、公務員になりたいという人も多いようです。

安定した収入の職種や倒産しない会社という点で、

憧れる学生も多いというのが実際のところです。


憧れの職業と現実

憧れの職業に成人してからなれたという人がいることは事実ですが、

大抵の場合は憧れを形にするのは難しいものです。

幼少期は、可能不可能を問わず憧れで職業を希望しますが、

年齢を重ねるにつれその職業につけるかどうかも視野に入ってきます。

漠然と憧れてはいたものの、収入や仕事のありようが希望とずれていることがわかり、

他の職業を探すという人もいます。収入の面で見た場合、医師や弁護士は、

昔から憧れの職業として一定の人気があります。

しかし、希望通りに就職する人は一握りです。

背景には資格試験の難しさはもとより、近年では医師の場合、

きつい労働環境なども問題となっています。

労働環境や収入の面などで、現実と憧れのズレに直面する人もいます。

弁護士は高収入のイメージがありますが、人によって収入には差があります。

憧れの職業につきたくて様々な努力をしてきたものの、

なってみたら現実は憧れとは異なっていたということもあります。

経済状態が好調な時代、特にバブル経済期は求人数が圧倒的に多く、

採用内定を得ることは簡単なことだったとされています。

比較的憧れの職業に付ける人も多かったのですが、

ここ数年は自分の憧れはもはや二の次となっているようです。

就職に有利というだけで理系に進む学生も少なくありませんし、

大学入試でも理系学部を希望する人が増加しているといいます。

理系であればどんな職業にも就けるという訳ではありません。

職業に対する憧れと現実との差は、誰しも多かれ少なかれあるようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

人材派遣会社のサービス内容と有効利用について [人材派遣]

人材派遣会社とは


派遣会社を利用して仕事につくという方法が注目されています。

最近は正社員での働き口を探すことが困難になっており、派遣社員で仕事をする人が増えています。

正社員と派遣社員は、勤務先が同じでも待遇は大きく異なります。

派遣社員はあくまで派遣会社の社員であり、給料も派遣会社から支払われます。

内容はずいぶんと違っています。一般的に派遣社員と企業の間には、

人材派遣専門の会社が仲介に入り雇用を成立させています。

人材派遣会社は登録をして仕事を紹介してもらいます。

仕事がほしい登録者から希望やスキルなどを確認し、

求人をしている企業への仕事を斡旋しています。

スキルが合う人がいれば業務について打診を行い、会社に行って期間満了まで仕事をしてもらいます。

仕事を探す人と、働ける人を探す企業とのマッチングを派遣会社が取り扱っています。

派遣の期間はあらかじめ決まっており、その日数内のみ派遣社員は仕事をしています。

正社員としての就職とは違う面が多々あるので、

事前によく確認して納得の上で派遣社員として働くことが大切です。

派遣社員の労働環境は正社員よりも悪いと言われていますが、

近年では求人数が大幅に減っていることもあり、

派遣での働き口すら見つけにくくなっています。

派遣会社への登録者は年々増加しているそうです。


派遣会社のサービス内容について

どういう仕事を、派遣会社はしているのでしょう。

次の仕事が見つからず、無職の期間が予想外に長引いた場合は、

派遣会社に登録して仕事をするというやり方があります。

派遣の業務につく場合は、仕事を行う会社との契約ではなく、

派遣会社との取り決めで仕事が決まります。

正規雇用の社員とは決定的な違いが出てきます。

派遣社員として仕事をすると、給料は派遣会社から支払われます。

福利厚生は勤務先の会社ではなく、派遣会社の取り決めに基づきます。

正規社員よりずいぶんと不安定な条件で仕事をすることが多く、

最近ではそこがクローズアップされ社会問題にもなっています。

一定期間の契約によって派遣の仕事は成立しているため、

期間が終われば仕事も終わってしまいます。

企業側からすれば、人出が必要な時に必要なだけ、

正社員よりも人件費のかからない労働力が得られます。

派遣として働く人を増やすことは、労働力が欲しい会社も嬉しいことです。

さまざまな雇用制度の改正により、今現在では派遣での労働は最長で3年。

3年を期限に派遣としての雇用は打ち切りになります。

これからも働き続けて欲しいと判断した人には、

正社員として雇用される道があります。

まずは派遣社員として働いてみたい会社で仕事を始めて、

正規社員の道を目指してみるのも一つの方法です。


派遣会社の有効利用



派遣会社は、多くの人が登録する大手の企業から、ごく小さな企業まで様々なものがあります。

派遣会社に求人を出した企業は、欲しい人材を採用した時に初めて会社へお金を払うことになります。

登録は無料でできることが、派遣会社利用時の特色です。

とにかく仕事を探している人は、まず大手の人材派遣会社に登録しておいてもいいでしょう。

近年ではネットを使った人材派遣会社の登録も可能ですので、

様々なサイトを巡回してみるといいでしょう。

自分の希望やスキルをできるだけ細かく書いておくことで、

より自分の条件に合った会社を紹介してもらえます。

最初は派遣として雇用されていても、会社から実力を認められれば、

正社員になれる可能生もあるといいます。

この頃は、社会的な目もあり、

派遣社員を減らし正社員を増やしている企業も少なくはないようです。

少しでも正社員の機会があるなら、ぜひものにしたいものです。

派遣社員は働く期間が限られている分、再就職先を探すまでのつなぎとしても利用できます。

本命の職種があり、そのための採用試験を受け続けているという人なら、

パートやアルバイトのような感覚で派遣で働いているということがあります。

派遣会社によってはさまざまな相談会やセミナーを行っているので、

参加してみるのも再就職へのヒントになります。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新卒者の就職試験 [就職]

新卒者の就職試験


名前の知られた大手の大学の新卒者であっても、

望み通りの仕事につけるような就職活動をすることは大変だといいます。

実際に就職試験を受ける新卒者は、いかに早くから就職活動の準備をしましょう。

他人より頭一つ抜きんでる位置につくことができるかが鍵となります。

採用面接をどう切り抜けるかが、就職活動では欠かせません。

学生の頃に受けていた筆記試験とは、面接は根本的に違うものといえます。

面接では決まった回答が存在しないため、

こう答えておけばまず間違いはないというものはありません。

正しい答えを言うことが面接の目的ではなく、自分というものを会社にしっかり伝えることが、

面接の成否を分けるといいます。

事前にできるだけ面接の練習を繰り返し、

本番で緊張しないように気持ちを整えておくことが大切です。

新卒者に対する就職試験の中には、一次二次と何度も面接試験を行う場合や、

集団もしくは1人に対して複数の面接官が試験を行うケースもあります。

大学によっては、卒業生がかつてどんな採用試験を経験したかが書き残してある場合もあります。

新卒者にとって大変参考になりますし、

最近ではインターネット上での書き込みでも就職試験の内容について掲載されていることもあります。

新卒の就職試験の準備として、事前にいろいろ調べてみることをおすすめします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

就職先を見つけるための求人探しと有力な就職情報について

就職先を見つけるための求人探し


求人情報サイトは、就職活動に取り組む人が効率的に情報収集をする手段として

一般的になりつつあります。

求人サイトは検索サイトから調べることで、すぐに見つけることができます。

求人情報サイトの一番の魅力は、

自宅に居ながらにして膨大な求人情報を得られるということにあるでしょう。

移動や時間のやりくりが必要なく、家庭にしながら求人情報が確認できるのです。

求人情報サイトは、簡単に利用できて早く情報が収集できるだけでなく、

良いことが幾つかあります。求人情報サイトを登録する時に求人条件を出しておけば、

条件に合う求人を紹介してもらうことが可能です。

条件のすり合わせなどの橋渡しも行ってくれるところでしょう。

ハローワークにも申し込まれていない様な未公開の求人が登録されていることもあります。

これらが、求人情報サイトの良さだとされています。

ただし、求人自体は増えているわけではないので、

求人情報サイトの情報量が豊富でも油断することはできません。

複数の求人情報サイトに登録していると、

別々の求人サイトから同じ会社を紹介されるということもあるようです。

求人情報サイトのみの話ではありませんが、就職活動をする時は、

求人の紹介元がどういったところかを把握した上で、

信頼性のある人材あっせん会社を利用するようにしてください。


有力な就職情報について


就職情報のみならず、インターネットの普及により何でも手軽に情報が手に入る時代です。

就職に関する情報はインターネットを使えば、

いつでも簡単に自宅に居ながらにしてチェックすることができます。

リクナビやマイナビは、多くの就職情報サイトの中でも特に情報が充実しているとして、

多くの人が登録しています。実際に転職を希望する人に限らず、

ほとんどの新卒者はエントリーしているとも言われています。

会社も、多くの学生が登録する就職情報サイトに積極的に求人を出しています。

広く、確実に求める人材を採用するためには、企業側もネットの活用など工夫をしています。

多くの人が求人を見ることで、有能な人材が探しやすくなります。

反対に、地域に密着している企業は、

地方新聞の折り込み広告や地域のフリーペーパーなどに求人情報を掲載しているようです。

特に新卒者に限定していない就職の情報は、いわば早い者勝ちのような事も多いものです。

いかに旬な就職情報を手に入れるかがとても重要なカギになります。

求人サイトの情報は早いことが利点ですが、複数のサイトに登録する企業もあり、

多くの人の目に触れます。エントリーは早い段階で行いたいものです。

就職先の希望が現在住所と大きく違うという人は、

就職情報サイトを利用することで距離にかかわらず求人情報が収集できます


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

フリーターの就職観 [フリーター]

フリーター就職


フリーターは、景気の低迷が続く現代でも減少の兆しが見えません。

フリーターの就職観はどんな内容でしょうか。

フリーターといっても、どんな事情があり、どんな就職観でフリーターになったかは人それぞれです。

フレーターといえば、社会の制約から脱して

自由な生き方をしている人と思われることが多いようです。

とはいえ、フリーター本人へのリサーチを行うと、予想と違う回答が得られることがあります。

フリーターである理由が、夢や目標を実現するためという人もいます。

フリーターであることが、強い意思の現れであるといえる方もいるわけです。

就職とは自分のやりたい仕事を見極め実現できそうな企業を選択することだと

語る人も少なくないのです。

実現不可能な目標にいつまでも固執するのは、結果的に良くない場合もあります。

例えば、語学を専攻し、留学もしている人が、英語以外の職業につきたくないとします。

けれども希望の企業に入れないからと、働かないというわけにはいきません。

事実、日本国内でそういった職業を探すことは困難であり、

就職観の偏りが就職をしづらくすることもあります。

フリーターとして働く人の中には、就職観が強くて妥協ができず、

就職先が決まらないこともあります。夢や理想が強すぎて、

就職がかえって難しくなってしまっている人もいます。

気づけば随分長くフリーターをしているという人は、一度自分の就職観を考え直し、

これでいいのか改めてチェックしてもいいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

女性の転職と資格「転職に有利な女性と不利な女性」 [転職]

女性の転職


女性の転職についてです。

ここ数年は新卒予定者を中心に、希望の就職はかなり難しいと言われています。

男性と比較すると、女性の方が転職活動先を見つけづらいようです。

結婚や出産、育児や介護など、女性の場合は様々な理由で働き続けられなくなることがあります。

出産や育児が一段落し、職場復帰を果たそうとしても、転職先がないということもあります。

特に中年女性の転職はなかなか厳しい現実があります。

ただし、若い頃から資格や技術を生かした仕事を続けていたという人であれば、

一定年齢になっても転職先を探すことができるでしょう。

同じように実務経験を武器にしてステップアップしていく女性もいます。

どうして転職をしたいのかは、1人1人の条件によります。

もしも、現在の仕事をやめたくて次の仕事を探すのであれば、

次の転職先に望むことは何かを十分に検討することが重要です。

今の職場が、性差によって態度が違うという点が我慢できないというなら、

次の職場はそういった問題がないところがが条件です。

女性の転職は男性よりも年齢や生活環境によってかなり違いが出てくるので注意が必要です。

転職を望んでいても、女性は年齢や家族環境、

子供の人数や年齢によって会社からは即戦力と認められないということがあるようです。

女性の転職と資格


転職に役に立つ資格を取っていることで、女性は転職しやすくなります。

経済情勢が不透明な現代でも、就職活動を有利にするのは資格です。

国家資格を持っていると、転職では有利になるでしょう。

可能性を広げることができるといえます。

資格があることで様々な手当てがつき、収入の面でも優遇されることがあります。

女性の中には、退職後の転職先を探すことができない人もいます。

転職活動をしながら資格取得に励むことによって、就職の機会も増やせます。

薬剤師や保育士、看護師の資格を取ることで、女性は転職を有利に進めることができるといいます。

社会人になる前に、進路を決める時に資格を取得することを考えるのもよいやり方です。

例えば薬剤師の場合、薬学部を卒業する必要がありますが、資格を生かして働く女性も大勢います。

特に最近はドラッグストアにパートとして働くケースが多く、

時給も高いので出産後の再就職先や転職先としてもおすすめです。

実務経験を活かした資格の場合は、即戦力としての付加価値が高まるので、

転職の際にもとても有利です。日商簿記1級を持ち、

なおかつ経理の経験があるという女性であれば、

経理で働ける人を探している会社への転職可能性を高めることができます。


転職に有利な女性と不利な女性


転職の有利不利は女性の場合何で決まるでしょう。

男女雇用機会均等法が施行された後、働く女性の数はどんどん増え続けています。

けれども、男性と比較するとやはり女性は転職や就職が難しい面があると言われています。

転職市場は、景気悪化の関係もあって苦しいし状況です。

一度は仕事を退いた女性が転職先を決めるには、有力な資格を持っていたり、

経験を持っていることが望まれることが多いといいます。

男性と異なり、女性は出産や子育てなどのために仕事をやめざるをえないことがあります。

そのため、再就職に大変な思いをする人は少なくありません。

特に子供が小さければ、残業などができません。

企業からすれば、休みを頻繁に取り、

土日は出勤しないといった条件がある女性を採用するのはためらう傾向があります。

反対に、経験と実践のある女性が転職先を探すという場合も、

男性社員との関係性を重視して待遇に問題が出る場合もあるといいます。

女性を働き手を求める職業としては、介護や育児の技術を生かしたものが多いといいます。

ヘルパーや調理師などに興味がある人は一度考えてみるのもおすすめです。

女性の転職は専門分野ほど有利に働くので、

新たに資格を取ったりパートなどから始めて、コツコツ実務経験を重ねていくのもいいでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職活動前の情報収集の注意点とツール [転職]

転職活動前の情報収集




転職活動では効率的な情報収集が結果を左右するといってもいいでしょう。

確かに重要なのはハローワーク求人サイトからの求人情報の収集ですが、

情報収集を転職活動に取りかかる前に行うことも大切です。

事前に集めた転職の情報を元に、転職活動の方向性を決めておくことが成功のポイントです。

自己分析によって自分に合う職種を探したり、転職先の希望条件をまとめたり、

長期的な転職活動の計画を立てたりする場合いも、

情報集めがそれぞれに見合った形で必要だといえるでしょう。

転職活動をする前に必要な情報には何があるでしょうか。

まずはじめに自分に関する情報集めをすることが必要です。

転職を何のためにするかを、自分の経歴の棚卸しをして、

必要であれば第三者の意見を求めることで明確にしましょう。

自分自身の市場価値を、人材派遣会社に登録をすることで調べてみるといいでしょう。

ある程度転職の方向性が決まったら、下調べを希望の業種や地域についてすると良いでしょう。

今すぐの転職を考えていない人でも、

ハローワークに行ったり、求人サイトなどに登録をして目指す職種に関する

リサーチをすることは重要です。

短期決戦になることも転職活動は時にありますが、

どんなに急いでいても怠らないほうが良いのが情報収集というものです。

入社への意欲をアピールすることも、

時間が無いからと転職に関する情報収集を妥協していると、厳しくなってしまうでしょう。


転職活動の情報ツール

効率的に自分の望む仕事の情報を得ることが、転職活動において大切なことです。

求人情報を探すには様々な方法があります。

新聞の求人欄やチラシ、求人情報雑誌やハローワークでの求人情報チェックが、

かつては基本的な転職活動でした。

よく行われていたのが、知人からの紹介や縁故による求人情報の把握をすることです。

最近ではインターネットの環境が整ったことにより、ネットによる情報収集を行う人が増えています。

最近はハローワークの求人情報も検索をインターネットを通じてすることが可能です。

忙しい人でも仕事と並行して転職活動に取り組むことが、

ネットであればいつでも利用できるので可能となっています。

転職活動で最近よく行われているのが、

企業説明会や企業の主催する就職セミナーで求人情報を得たり、

民間の人材あっせん会社を利用したものです。



希望の職種やこれまでの職歴などの条件を登録しておきましょう。

転職先の中から自分に見合うところを紹介してくれる会社もたくさんあります。

情報を収集する方法によって、メリットやデメリットがあります。

どんな種類の仕事を希望するかによっても、たくさん情報量があるところと、

あまりないところがあります。


転職時の情報収集の注意点


必ず転職活動に情報集めは必要となりますが、

膨大な情報が近年ではネットなどを介して供給されているものです。

求人検索をハローワークでするだけではないのが、転職のときです。

合同企業説明会や就職あっせん会社のホームページなど、たくさんの情報収集の手段があるのです。

けっして少なくないのが、求人情報だけでは情報が不十分だったと感じている人たちです。

たくさんの情報があってもその中から本当に必要なものを選択できるかというのはまた別の話です。

情報処理が的確にできることが、転職活動において大切なことです。

求人情報の項目別の読み方を覚え、

見落としやすい項目や最低限は確認しておきたい項目を把握しましょう。

場合によっては、書き方のわずかな違いで雇用形態や仕事内容、

勤務時間などは大きな影響があるようです。

大事なのは、企業や情報発信元などに発信されている求人情報だけでわからない点があれば、

問い合わせてみるということです。

求人情報などから転職先企業の様子を分析することも、

自分の希望に近い転職先を探す時には良い方法かもしれません。

企業の事業内容や企業理念を詳しく調べることで、

求人情報の内容がイメージしやすくなることもあります。

仕事のどこにやりがいがあるのか、何が大変そうか等も推測することが

転職の際に求人情報を読み取る時には重要だといえるでしょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

転職活動時の面接でのコツとマナー [転職]

転職活動時の面接でのコツ


転職活動時の面接に限らず、面接の前には履歴書による書類選考があることがほとんどです。

つまりは履歴書に書いて提出したことはすでに面接官は把握している状態で

面接が行われることになります。

いかにして履歴書では伝えられない内容を伝えることができるかどうかが、

大切な面接のポイントになるといえます。

職種や業種が前職とは異なるものへの転職のために受ける面接もあるかもしれません。

新しい職種への意気込みは実務能力不足を補うには重要と考えられます。

意欲は、やみくもに出来ることばかりを主張したとしてもなかなか伝えきれません。

明確に説明できるようにしたほうが良いのは、会社の事業、応募職種の業務を理解し、

どこに関心を持って転職を希望したのかということです。

新しい職場で何がしたいのか、何を目指しているのか、

転職をした後のことをきちんと説明できるようにしておくことが大切です。

どのような仕事が転職したのち具体的にできるのかを面接で伝えられるかどうかは

非常に重要なことだといえます。

同業種や同業界への転職であるのなら、どんなスキルを持っていて、

どんな実績があるのかアピールします。

面接で説明できるようにしておくべきなのは、経験をを生かし、

転職先で具体的にどんなことができるかということです。

これがキーポイントとなって、転職活動の面接を成功させることができるでしょう。

転職のための面接を成功させるために

転職をする場合に職種によって異なる部分があるのが、面接のポイントです。

プラスになるのは、転職面接サポートシステムというプロのアドバイス

受けることができるものの利用です。

異なるのは面接のどんな部分なのでしょうか。

パソコンスキルが必須となるのは、例えば事務職です。

説明をきちんと面接でできるようにしたほうが良いのは、職務経験から得たものと、

転職後にそれを活かす方法です。

転職前の職場での成績や評価を具体的な数値で説明することが、営業や販売職では重要です。

力を入れるべきなのは、転職後にどれだけ貢献できるかをアピールすることです。

さらにサービス職で重要となるのは、表情や話し方などの相手に与える印象です。

面接でも表情や笑顔といった点を見られることが多いといえるでしょう。

はっきりとした言葉遣いと笑顔を心がけ、

好印象を面接官に与えることで面接に成功することが可能となるでしょう。

可能であれば、実際に制作した作品や評価された作品を持参すると効果的なのが、制作職です。

アピールするとよいのは、新しいことに意欲的に取り組む姿勢やチャレンジ精神などです。

スキルと経験が求められるのが、技術職です。

面接で分りやすく説明できるようにしておくべきなのは、

転職後に生かせる具体的なスキルや職務経験についてです。

採用されるための面接のマナー


採用のための面接を受ける場合の心構えについて考えてみましょう。

あらかじめメモに取るなど、質問内容を整理しておきたいのは、

実際の面接時に想定される質問事項や要点です。

最も大事な面接の準備のポイントだといえます。

実際の面接の際に緊張して質問したい内容を忘れてしまうなどの

ケースを想定しておくことも大切です。

面接への準備として大変重要なことは、採用される側が応募する企業が求める人材を知ることです。

人物や人柄を重視する企業にとっては

応募者の持つ人間性や性質などを見極める意味での面接を行なうケースがあります。

しっかりと落ち着いて自分の意見伝えられるよう、

整理を自分なりにしておくことが不可欠だといえます。

面接時のマナーや一般常識なども重要ポイントなるのが、採用基準です。

企業側が採用したいと考える高いスキルや技術を持っている優秀な人材であっても、

実際不採用になることがあるようです。多くの場合、平気で遅刻をしたり、

常識的でない言葉使いや態度、的外れの質問などをしているようです。

言うまでもないのが、面接官が違和感を感じる人材の場合は不採用となる確率が高くなることです。

転職や再就職を支援する転職サイトなどを見てみましょう。

企業側が採用されるためのセミナーや採用されるための面接時の質問内容の勉強

をたくさん開催しているので、参加をまずしてみると良いのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職における面接のポイント [転職]

転職における面接のポイント


新卒時の面接と、転職の際に実施される面接とには、異なる部分と共通する部分とあるといいます。

今より前に他の会社に就職していた経験があることになるのが、

転職をするということだというのは、当然のことです。

前職を辞めた理由について聞かれないことは、転職のための面接ではまずないでしょう。

いろいろと転職の理由はあるのではないでしょうか。

辞めた理由が自己都合という人は、

明確に理由を説明できるように他の理由で辞めた場合よりもしておいたほうが良いでしょう。

間違っても前の会社の悪口や愚痴を、説明のときに言うことはやめましょう。

悪口や愚痴を前の会社について転職の面接においていうことは自分の評価を、

面接において下げるだけで退職理由の説明とは言えないのです。

結果的に誤魔化すことは、自分を追い詰めることになりますので、

転職の理由を、嘘をついたり包み隠したりする必要はいっさいないといえます。

誤魔化すのではなく表現を工夫したほうが、

同じ内容であっても言い回しによって印象はかわるのでおすすめです。

たとえネガティブな転職理由であっても、使わないようにしたほうが良いのが

、不満なため、できないためと言うような言葉です。

使ったほうが良いのは、したい、されたいなどの前向きな表現です。

印象をよくする重要なポイントになりますので、

転職時には面接に限らず前向きな姿勢を、いつも意識することが大切です。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。